Posts published on 11月 2016

はじまりは再び〜天武天皇〜

祈り, 祭禮, 想い

吉野山の紅葉は、今年は特にグラデーションが美しく、雨や霧の中でこその幻想的な風景が、一層心に残る秋になりました。

紅葉吉野駅

11月12日に始まりました、天武天皇御神像 御開帳は、先日の20日に無事結願を迎えることが出来ました。

修験道場ということで、当然ですが役行者さんの存在、神仏の全てを包み込む包容力と厳しさ、計り知れない自然の偉大さというものを、今だからこそ、ヒシヒシと感じることが増えました。

「なぜ修験で、天武天皇なのですか?」
とお聞きする事も同時に増えました。

当山の「はじまり」は、天武天皇(当時は大海人皇子)が夢の中でご覧になった、真冬の雪景色の中の満開の桜から、全てが始まりました。
(詳しくは当山HPの縁起をご参照下さい)

その一夜の夢、その一本の桜から、天武天皇 役行者 角乗和尚(当山第一世)の運命的な出会いへと繋がり、1350年もの時を経て、今に至っています。

天武天皇祭そしてご開帳の意味は、天武天皇へ、 当山櫻本坊を建立して下さった、道を開いて下さったことへの感謝をたたえること。そして、私達人間を導き、この道を繋げ守り続けて下さっている神仏へ感謝を申し上げること。

天武天皇ご神徳法要は、玉串を奉奠しながら、経典を唱えるという、神仏習合の法要神事両方で(共に)執り行われます。

榊

また、天武天皇の元のご神像は、かつてお祀りされていたそうですが、明治廃仏毀釈のさいに行方不明となりました。
岡倉天心デッサンのもと(東博所蔵)、東大寺大仏師(故)小野寺久幸先生と共に、復興させて頂いたのが現在のご神像です。

そのお姿は、神仏習合のシンボルともいえるお姿をされており、右手に笏(しゃく)左手に数珠を持たれ、神主の正装の上に、僧侶のお袈裟をかけておられます。

天武天皇は、「天皇」だけではなく、神道仏教にも精通しておられ、その視点で日本の国づくりをされました。
政治家であり、宗教家であり、また万葉の時代に生きたロマン溢れる歌人でもあったのではないかな、と今回あらためて感銘を受けました。

当山は、この方から始まった場所であり、この方がいなかったら、何も始まっていなかった道であったのだ、と。

時が流れると、どうしても風化していってしまうことがあります。
その時その瞬間は、その人や出来事や想いが主でも、時が経つと忘れていってしまう、忘れられていくことがあります。

その風化する中で、繋がれてきた、繋がれていく志や想いが存在する。
同じ方向を向いて一緒にススム人達と心が存在する。

『何をもって、そう思ったのか、しようとしたのか』

全てには必ず「はじまり」があって、そのはじめ、何を思ってはじまったのか。はじめようと思ったのか。
手段や形が様々な中、きっと、結局はそれは全て「人のため」「世のため」に繋がっているのだと思うのです。

天武天皇が夢を見たことから始まった道があるように、私達も夢をみ、夢を持ち、夢に向かって進んでいく。
意味合いは違っても、最初に持つのは目標という「夢」であり、叶えたいと願う「想い」です。

私達は、目の前のことに必死で、生きることに必死で、そのはじまりを忘れがちになって、なぜこの道を行くのかを忘れがちです。

想い 気持ち 心 がどこにあるのか。

天武天皇の想い、役行者の祈り、この道を行く全ての生きる道。

歩み方は違っても、ススム方向は同じで、人を想い、世を想うその心は繋がっている。

時代によって繋げ方、在り方が変わる事があっても、その最もな根本の「原点」「初心」を忘れなければ、必ず「再生」「再出発」をしていける。

今年の10月1日、聖天祭により、当山は原点に戻りました。
そして11月13日、天武天皇御神徳法要により、再出発という形で…当山の「はじまり」の幕が新たにあがったように感じます。

人と人を結ぶのは、心であり命であるように、神仏と人を結ぶのも、それもまた真心であり魂である、と。

その心と命、真心と魂を繋いでいく意味というものが、全ての「はじまり」の中に満ちているのだと、今年の天武天皇ご神像のお姿を見て、教えられたようにも感じます。

そんな当山の今秋の再生と再出発が、1年後、3年後、5年後、10年後…この道を共に行く一人でも多くの方の心にも伝わり、繋がっていきますように。

Anju