ボーダーレス

永遠を伝える -天武天皇例祭ご案内-

ボーダーレス, 祈り, 祭禮, 行事, 想い, 聖地, 神仏

<<天武天皇御神徳報賽神事 ご案内>>

“特別な事をするために特別な事をするのではない。特別な事をするために普通通りの当たり前の事をする” by イチロー選手

当山において、最も重要な祭の1つである天武天皇例祭、そして天武天皇御神像ご開帳が近づいてまいりました。

お祭りは「たてまつる」ことであり、神仏のためにさせて頂く、感謝で始まり感謝で終わる儀式です。

お祭りが執り行われるのは「その日 1日」ですが、その日だけが特別で全てではありません。

日々の祈りの積み重ね、日々の実践の繰り返し。
神仏と深める信頼関係。
実践が信念となり信仰へと繋がります。

天武天皇が定められた「遷宮」制度。

「20年に1度」ではなく「20年かけて」行う壮大で厳かなお祭りには、天皇 神職をはじめ、想像を超える大勢の方達 職人の方達…日本全体が関わっています。
毎日の、人々の祈りと想い、そしてご奉仕の積み重ねがあるからこその「祭」。

1300年前から変わらない、そしてこれからも永遠に変わることのない「祭」。

祈り 心構え 祭式 作法 伝統 神話 日本人の心…変わらない本質と本筋を正しく継いでいき、途絶えさせないために「同じことを繰り返す意味」「更新の文化」を天武天皇は未来(現在)に繋げられました。

その天武天皇の祈りと想い、そして「夢」は、天武天皇によって建立された櫻本坊にも静かに、そして力強く息づいています。

こうして毎年、お祭りの日を迎えれることへの感謝と、これからも永遠に続いていってほしいと願う道を守るために、慎みて怠ることなく、特別でない毎日の「特別な瞬間」の連続を大切にし、祈りを重ねていきたい…!そう願ってなりません

Anju

<<天武天皇御神徳報賽神事>>

11月11日(日) 13:00 於 本堂

*玉串拝礼がございますので、ご参列の方は平服でお越し下さい。
(カジュアルすぎる軽装はご遠慮頂き、神前拝礼に不敬にならない服装)

11月10日(土)〜19日(月) 8:30〜16:30
天武天皇ご神像 特別ご開帳 (於 本堂)

*宝聚堂も同時に開扉しております。天武天皇御神霊 地蔵菩薩(重文)等 拝観して頂けます。但し、天武天皇お念持仏 釈迦如来坐像(重文・初代本尊)は4月のみのご開帳です。

尚、11/3〜25まで 土日祝に限り、近鉄吉野駅から中千本公園(櫻本坊駐車場 真横のバス停)間、奈良交通のバスが運行しております。バス降車後、朱色の門 階段を上られると境内に入って頂けます。

吉野山の奥深い魅力−KCN取材−

ボーダーレス, ことのは つづり, 季節, 想い, 聖地, 神仏, 修行

Sneak shot of today’s shooting!

本日は、近鉄ケーブルネットワーク(KCN)様による取材・撮影が行われていました。

修験道とは?役行者とは?井光人(いひかびと)とは?神仏習合とは…?

櫻本坊の観点から見えてくる、違った吉野山の魅力や、井光人(吉野の祖)・天武持統天皇・役行者との繋がりと関わり…など色々お話させて頂きました。

短い時間ではなかなか伝えきれない想いがいっぱい…!

暑い中での撮影、お疲れ様でした
ありがとうございます
放送が楽しみです

Anju

写真は宝聚堂(次の特別ご開帳は11月10日〜19日、天武天皇ご神像ご開帳期間中です)での撮影-

人はなぜ祈るのか

ボーダーレス, 祈り, 行事, 想い, 聖地, 神仏

イヒカの火への誓い -満月を瞳に映して

「人はなぜ祈るのか」
例えばモンサンミッシェル。
満潮時には海に浮かぶ島となるため、潮が引くのを待ち干潟を歩いて教会を目指した、かつての巡礼者たち。教会への道は、まさに命がけ。

なぜ命をかけてまで、人は教会へ向かったのか。

例えばルルドの泉。
病気が治るという奇跡の水を求め、多くの巡礼者が殺到する聖地。
現実的に、完全なバリアフリーとは言えない教会の敷地内に、それでも杖をつき車椅子を押し、水を求め向かう巡礼者たち。

なぜ「科学的な根拠も何もない”水”」を求め、人は教会へ向かったのか。
命をかけ、水を求め、秘境の地で辿り着くところにあるのは「信じること」のみ。

ただ祈るためだけ、に人は向かう。

祈ること全てが原動力であり、その先に繋がる希望を、人は信じ…観る。

明後日30日は、お護摩の日-イヒカの火-。
https://sakuramotobou.or.jp/event/2018/2018ogomanohi.html

「吉野山って遠い」という印象がほとんどかと思いますが、役行者が歩いた道を、1350年たった今も人は「祈るため」に歩いている。

人が真に何かを求める時、距離は言い訳でも障害でもなくなります。

人はなぜ祈るのか。
あなたはなぜ祈るのか。

「祈るため」の時間と空間をみなさんと共に観じ、「信じることを信じる」心を確たるものにしていきましょう。

Anju