お守り

原点に帰る〜聖天さん〜

季節, 行事, 想い, 神仏, お守り

肌に感じる風、そして太陽の光は、秋を感じるようになりました。

田んぼの稲の背の高さやゴールドへの色の変化、夕陽の色と周りの雲、夜空の透き通り感、虫の声…様々な場面で、夏の終わりの近づきを知らせてくれています。

体の細胞レベルでは、季節のチェンジを本能的に感じ取っていて、自然と欲する食物や飲物も変化していることを実感します。

どんな場所にいても、このような自然との繋がりの中で感じ取れる素直な感覚というものを、いつまでも忘れずにいたいな、としみじみ感じるこの頃です^^

Fall sky

夏を過ぎると、秋の聖天大祭、天武天皇祭へ繋がっていきますが、今日は、聖天さんについて少し触れようかな、と思います!

今年始めに、当山の聖天堂の前に、新しく絵馬が仲間入りし、良縁をお祈りする、1つの目に見えた形での繋がりというものが出来ました。

風がふいた時、カラカラ…と絵馬と絵馬が当たり音が静かに響く境内。
神仏と私達人間にとって、こういった風や音というものも、言葉ではない繋がりではないのかな。

Ema1

Ema

結婚や恋愛のみならず、家族 友人 仲間 仕事 学校 地域 社会 自然 神仏…全ての繋がり、絆の中での、必要とし必要とされる素晴らしいご縁をお祈りします。

また因縁や悪縁というのも、断ち切れるように、乗り越えていくため自身が強くなれるように、支え守って下さるよう、お祈りする場。

ご縁は繋ぐだけでなく、お互いにとってベストな形での関わり方や距離というものの、バランスではないのかな、とも感じます。

Handmade

聖天堂には絵馬の他にも、聖天護摩木、他お守2体(聖天 巾着守&十一面観音 身代わり守)があります。

巾着守は、完全な手作りのお守となっていて、中に入れる水晶、巾着の布地や縫い糸、紐や台紙、使用する針や工具に至るまで、聖天堂でご祈願してから、1から作らせてもらっています。

以前、天狗さんのお守紹介の時にも触れたことですが、こういった何気ないお守1つにしても、神仏のお力をお借りして守って頂く、という感謝の気持ちを第一に持って、これらを持たれる方の幸せに繋がっていきますよう、そのためにも場の空気を清らかに保つ、人間としての出来る限りの努力は怠らないよう心がけています。

さて
今までの記事の中で、繰り返しお伝えてしてきた当山の「変化」の中で、一番大きく変わろうとしているのが、聖天大祭ではないでしょうか。

今年から、聖天大祭の法要の内容や時間帯など、当山の歴史の中でも、大きな変化の年となります。

聖天さんは、本来完全秘仏であり、浴油秘法供は本来導師のみが行うということ、本来のあるべきお姿、本来の方法で、聖天さんをお祀りする必要があると強く感じたからです。

今まで当山で行われていた形での、夜中の浴油秘法供は、決して「ナイト ミュージアム」ではありません。
非常に、非常に厳粛なはずの法要が、時代の流れの中で違う形へと変わってしまっていると感じずにはいられない現状がありました。

人間の都合ではなく、神仏が本来求められている形で、キチンと法要をさせて頂きたい。
人を喜ばせるため、というのが1番の目的ではなく、根本には神仏が喜ばれる(求められる)形&姿勢&心持ちで、まず第一に神仏と向き合うということ。

日々の法要、祭礼の行事の大小に関わらず、1つ1つ心をこめてするのは当然ですが、その中でも、聖天大祭は、特に非常に、非常に厳粛な法要でありました。
そして、それは、これからも変わりません。

聖天さんの側に必ずいらっしゃる、十一面観音さんを、本年度より、御前立ちとしてご開帳させて頂くことになりました。

10月1日 午後1時より、聖天尊 本地仏 秘仏 十一面観世音菩薩 特別ご開帳法要

夜中の浴油秘法供はございません。ご注意下さい 

文面でのお知らせ、ホームページ&フェイスブックでも随時更新しておりますが、毎年ご参拝の方にお伝え頂ければ幸いです。

原点に帰り、初心に戻り、良い方向へと必ず向かう、この「変化」が、多くの方の幸せへと繋がる道しるべとなりますように。

Anju

 

NAUSHIKA

神仏, お守り

本日は、当山オリジナルのお守りについてご紹介したいと思います!

当山の本堂の一番左には、パッと見は怖くて、でも近づくと親近感を覚える、そんな不思議な存在感を放つ、秋葉大権現さんがいらっしゃいます。

「天狗経」に説かれる日本48天狗のお一人で、八手の団扇を持たれています。
天狗さん実はこの天狗さん、影ながら、ファンの方が多く、多くの方に参拝して頂いています。

以前「新TV見仏記」という番組の撮影で、”みうら じゅん”さんと、”いとう せいこう”さんが来られ、その際も、こちらの天狗さんについて様々なトークを展開されていました。

もうお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが…秋葉大権現&日本48天狗、ということで、お2人は「AKB48だ!」と言われていたことが、なぜか一番印象に残っています…

さて、本題に入る前に、一点だけお伝えしたいことがあります。

以前参拝に来られた方で
「ネットで見たんですけど、誰でも天狗さんの鼻を触って良いって本当ですか?
多くの人に触られてるから、鼻だけツルツルしてる、って書いてあったんですけど」
と、質問を受けた事があったのですが、どのお姿に関しましても、直接触れて頂く事は基本ご遠慮頂いております。

お堂の中は聖域です。

しかし、悲しいことに、近年は、結界を超えて奥の奥まで入られたり、秘仏ご開帳法要の時に写真を撮ろうとされたり、お姿や仏具に触れたり(音を鳴らしたり)動かしたりする事態がまれにおこります。

こちらのブログからも、今後こういった事がないよう、ご理解頂けまよう、また我々も充分気をつけてまいりますので、ご協力お願い致します。

では!
本日はまず、今年4月に新しく出来ました、天狗さんの「除難招福」の祈願がこめられた羽(は)うちわ、の紹介から始めたいと思います!
羽うちわこちらは、お札として、玄関やお部屋の壁に貼って(または吊るす)頂いたり、手に持てるサイズですので、場の浄化や自分の周りの浄化のため実際に扇いで頂いたり、例えば入院中の方の枕元に置いて頂いたり…魔や闇を払い、良い風が吹きますよう想いをこめて、作らせて頂きました。(悪霊退散・当病平癒・身代り護り)
除難招福
てんこく当山の書禅家である伯舟が、書そして篆刻を担当し、天狗さんの前で祈願し、その朱の印が羽うちわに押されています。

天狗さんが実際に持たれている持物と同じ団扇を、お札として持って頂けます。
この団扇で、悪縁や因縁を吹き飛ばし、良縁そして幸せを招いて下さるよう、ご祈願の護摩を焚きました。

お札やお守りは、本当に守ってくれているのかな?
と疑問に思うこともあるかもしれませんが、絵馬や護摩木も含め、それも神仏とのご縁であり繋がることであり、神仏のお力をおかりして、祈りや想いを繋げて頂いてると思います。

護摩も、炎というのは神仏の力となり、(お線香も同じだと思います)天まで舞い上がる煙は、確実に届いていて、またその煙は隅々にまで満ち、心身・場の浄化をしてくれている。
そうイメージしながら、静かに手を合わせていると、不思議と心が清らかに安らかになってくる感じを受けます。
護摩が終わると、身体が軽くなった気がして、迷ったり悩んでいた事の答えが出たように感じるのは、きっと神仏と繋がることができたからかな〜と嬉しくなります。

神仏の声は聞こえるものではないし、お姿は目に見えるものではないけれど、案外、心の中でふと湧いてきた言葉や、誰かが言った言葉、思いがけず口から出た言葉、たまたま開いた本の中の目の前に現れた言葉なんかが、天からのメッセージであるのかもしれませんし、実際こういった経験をされている方は多いのではないでしょうか。

そして、ああなんて美しいんだろう、と心を動かされる感動の風景や、身を震わされる天災の風景、自然界の中のいかなる姿こそが、神仏の姿そのものなのかもしれません。
虫や植物の姿をされていて、影ながら見守ってくれていて、何か伝えに来てくれてるのかもしれませんね。まさに虫の知らせ。

キリスト教の教えの中に「足跡」という、個人的に思い入れのある詩があるのですが、それも、神様は目に見えないけれど、いつもすぐ側で支えて下さっているんだよ、と教えてくれています。

天狗さんの、その力強く迫力のある存在を感じて頂き、除難招福の羽うちわの力で、こちらのお札を持たれる方に、びゅんびゅんっと!良い風が吹きますよう、お祈り致します。

そして、力強さだけでなく、その羽うちわの風は、ふわっと降り立つべき場所に降ろしてくれる…そのような優しさも感じます。

風の吹く方向を信じて、身を任せて進んでいけるよう、時に力強く時に優しく、その団扇の力加減でサポートをして下さるのが、天狗さんの導きの一つかもしれません^^

なお、天狗さんのお守りは他にも2種類ございますので、当山にご参拝の際に、ぜひお手にとって頂き、天狗さんと繋がって下さいませ^^

6月も、沢山の幸せが満ちる月でありますように!
良い風を吹かせていきましょう!

今回は天狗さん編でした。
次回へつづく…!

by anju