悠然

その笑顔に癒されて

悠然, ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 行事, 想い, 祈りと医学, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, 修行, 大峰山, ことば, リトリート

とある修行日の精進料理✨

前 菜  カプレーゼ 自家製発酵豆腐
ゴーヤとクルミのスパイス和え
スープ  とうもろこし 冷製スープ 豆乳仕立て
パスタ  夏野菜のトマト&バジルソース
サラダ  厳選野菜と白花豆のフレッシュサラダ
パ ン  パニーニ 特製オリーブペースト
デザート フローズンパイン

心身の浄化を願い、白砂糖・動物性の食材は取り入れず、手作りで整えております。安心安全野菜をはじめ 無添加の調味料を使用しております。

修行者皆さまの笑顔に、幸せな気持ちを頂く、夏の楽しみ✨

おおばやしマタニティクリニック様にて講演をさせて頂きました。

悠然, ボーダーレス, ことのは つづり, 祈り, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, 講演, ことば

7月5日(金) 愛知県 おおばやしマタニティクリニック様にて、中部さい帯血採取施設 教育訓練内の講演をさせて頂きました。

教育訓練では、医療従事者の皆様に、さい帯血移植によって救われる生命のお話と、1本でも多く保存数を増やすことへの情熱と貢献の意味、祈りと医療の結びをお伝えしています。

櫻本坊が大切にする想いの一つに「祈りと医療 -CAREとCURE-」の繋がりの重要性があります。

医学で身体は治せても、医学だけでは治しきれない「心」。

祈り、に何ができるのか。

お寺で日々多種多様な皆さまと携わらせていただく中で、常に自問自答することです。

心のケア、人の心に寄り添い続ける使命の宿る祈りの現場で、日々想うこと。

お寺という場所が、いま必要な方の拠り所であってほしい。沈んでいる気持ちを引き上げる、言霊を持って帰ってもらえる…祈りのクリニックであってほしい。

櫻本坊という場を活かしながら、参拝者 祈願者 皆さまの笑顔で、毎日を満たしていきたいです。


日本赤十字社 近畿さい帯血バンク様とのご縁から始まり、各病院(産科 婦人科 総合病院)で、医療従事者の皆様に向けて行われる教育訓練 講演担当は、今年で12年目です。

*中部さい帯血バンク様 HP↓
https://www.chubu-cbb.org/

さい帯血は、赤ちゃんとお母さんを結ぶ「臍の緒」から、出産時に採取される「祈りの血液」です。さい帯血移植は、重篤な血液疾患の治療に役立っています。

出産を控えていらっしゃる方、身近に妊婦さんがいらっしゃる方、出産時の臍帯血 提供協力によって、救われる命があります。患者の家族にとっても、繋がる夢と未来があります。

少子化、コロナ禍での献血の困難により、大変厳しい状況が、移植現場でも続いています。

1人でも多くの皆様の、深いご理解と温かいご支援をお願い申し上げます。