植物&食物

大講堂秘話 -役行者母公物語-

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 行事, 想い, 祈りと医学, 講演, インターナショナル, 植物&食物, シンポジウム, 聖地, 神仏, 修行, 大峰山, ことば, リトリート

役行者母公が教えてくれる「優しさと厳しさ」
大地に力強く足がついている、または清らかな大滝が全てを浄化してくれる、そのような勢いを感じさせてくれる本堂。
そして、温泉に浸かっているような心地よさと、心がジワンと温かくなる雰囲気で私たちを包んでくれる大講堂。

年間を通して、内拝される参拝者の皆さまに始まり、メディテーションルーム、様々な専門分野で活躍される先生方のワークショップや講義、地域のイベントも含め、大講堂には多くの方がそれぞれの目的で出入りされます。
特に夏は、修行者の方々が主に入られます。
(大講堂は只今「修行者」の方が多く入られる場となっております。役行者母公に、温かく そして愛のムチで厳しく見守られている空間です。この大講堂を見守り、入られる全ての人の笑顔を見届けて下さっているのは、役行者の母公、そして聖観世音菩薩✨)

役行者母公のご利益は「すべての母への感謝・家内安全」、聖観世音菩薩のお役目は「女性加護・修行者の家族の加護」。

数年前までは、当山の影におられた神仏二柱でしたが、衆生(全てのイノチ)を尊ぶ教えと「原点」「初心」を忘れないという心得が、更に皆様に寄り添うようにと、大講堂にあらためて鎮座して頂きました。

役行者母公の御前に座っていると、誰もが、母の「無条件」の愛というものを、どこか懐かしく観じられる方が多いのではないでしょうか。

どの時代も母は強しで、日陰で支える大いなる存在の偉大さと、謙虚さ。

特にこの大峰山開山期間に今一度、「母なる」自然のど真ん中で、生きる行いを修めさせて頂ける幸せだと、側で一緒に生き支えてくれる大切な人達への感謝を想う。

他者へ向ける「無条件の愛」と「思いやり」とは−

時に、真意や誠意を相手に伝えるのは、難しいことです。それが相手の1番を想ってのことであっても、「本当のこと」「聞きたくないこと」を言うことは、嫌われ役を買って出ること。

伝わらない可能性も覚悟して、時に、言う方も言われる方も、嫌な気分になってしまう「心意」を、それでも相手に伝える勇気は、「母」という存在が教えてくれるのではないでしょうか。

何かを変えていかなければならないトキ、言わない方が楽なことでも、誰かが言わないと何も変わらないトキ。

揺るぎない信念を持っているからこそ、関わる全ての方々が絶対に良い方向に導かれていく、と信じているからこそ、当山は、役行者母公のお姿から教えられるように、厳しさと優しさの愛と思いやりを、発信し続ける場所でありたい…そう願ってやみません

Anju

聖油-灑那(しゃな)-のご紹介

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 想い, 祈りと医学, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, お守り, 修行, ことば

「清める」ことと「香り」-聖なる香油-

問い: ”皆さんの心の水槽は、何色ですか?“


櫻本坊では「清める」ことを、とってもとっても大切にしています。

神仏の御坐すところ、神仏が気持ちよく来て下さり、心地よく居て下さるように、可能な限りピンと張った清浄さを保つこと。
またご参拝の方にも、気持ちよくお詣りして頂けるように、日々「清める」ことを怠らないよう心掛けています。

清め方法は様々ございますが、今回はその中でも「香(こう)」 による清め・祓い・護身のお話を-
社寺の参拝は、鳥居 仁王門に足を踏み入れた瞬間から、日常との気持ちの切り替えをし、なるべく私語を慎むことがマナーです。
そして、神仏の御前に詣でるにあたり、知らず知らずにつくってしまった禍事 罪 穢れを、まずは祓うということが、大変重要になってきます。

櫻本坊 境内の手水舎でのお清めを済ませ、内拝される際、お堂に入る前の入り口には「塗香(ずこう) パウダー状の香」と「塗油(ずゆ・香油・聖油) オイル状の香」があります。
特に塗油によるお清めは、卑弥呼の時代、古代エジプトの時代より継承されてきた、歴史が非常に深い作法です。
香料・香油の歴史の始まりは、神殿において神を迎え、その存在を観じるためでした。祈りの儀式において、自分を清め、場を清め、邪悪なものを祓い、神や仏をより近くに感じ守って頂くために使われる、神聖な捧げもの(供え香)でした。

災いの原因が全て「魔」であると信じられていた平安時代、源氏物語に描かれる香を作るくだりは、魔除け・邪気祓いの役割に繋がり、陰陽師 安倍晴明の儀式にも香が使われていました。

当山で使用している塗油(完全天然香料)は、一般的なアロマセラピーや香水とは異なる、本来の「香」の役割(清め・祓い・守り)に基づき、調香 調合 熟成されているものです。

そして、この度ご紹介させて頂きます、こちらの香油の製作をして頂いているのが、株式会社アトリエパルファン・香りのアトリエ代表 田代はなよ先生-
*プロフィール下記参照

櫻本坊の「祈りの世界」を、田代はなよ先生の「調香の世界」に委託し表現を依頼させて頂きましたところ、お寺の意向を深くご理解下さり、祈りを調香に置き換え出来上がったのが、当山完全オリジナルの「聖油-灑那(しゃな)-」です。

また本堂 御宝前におきまして、こちらの聖油を使われる方の「清め 浄化 魔除け」そして「道開き、前途光に満ちていく」ようにと、ご祈祷をさせて頂いており、お守りと同じ扱いになります。

一滴一滴に、神仏の祈りが込められているということ。
そして香料に主に含まれております「香木」の何千年というあいだ木を腐敗から守り、森羅万象を超えてきた力が宿っています。

答え: 黒い水が入った水槽に、墨汁を何滴落としても、その違いは分かりません。濁り続けます。でも水槽の水が透明であればあるほど、すぐに気付き対処し防ぐことが可能です。
常にクリアーな心身氣・視界を持ち続けることに怠慢にならない、この繰り返しこそ大切な習慣です。

にごる・汚れる…とは、氣が枯れ生命力が低下する「氣枯れ(穢れ)」と言います。より純粋な自身になることが、神仏と繋がる糸を確たるものとし、人生を幸運へと導いてくれるのではないでしょうか。
神仏の祈りが込められた「香」そして、祈りを届ける役割を持つ「香」
田代先生とのご縁と絆に感謝し、香料の世界の深さを通しまして「真の信仰の姿とは」の気付きを頂いております。ありがとうございます。

<プロフィール>
田代はなよ先生
株式会社アトリエパルファン・香りのアトリエ代表
調香師歴45年。
名古屋大学農学部にて卒論は香料研究。株式会社ツムラにて入浴剤の香りの商品開発後、渡仏。調香師教育を多くの名調香師(世界一のROUDO NITSKA氏が94歳で亡くなられるまで教えをこう)より受け、フランスの名門香料会社MEROBOYVEAUS.A.入社。化粧品会社の香水担当を要請され帰国。香水事情のもっとも良い時、フランス、日本で多くの香水のデザインテーマを経験、独立後多いにそれらを役立てている。
ウェブサイト: https://www.atelier-parfum.com/

*「聖油-灑那-」 現在香料を熟成中のため、次回頒布は10月を予定しております。(冥加料 一つ五千円)
現在ミニサイズも製作中です。随時情報を更新致します。
*「塗油」(冥加料 一つ二千円)もご用意がございます。
こちらは「塗香」と同じ香りとなっております。
*「塗香」(冥加料 一つ千円) パウダー状の清め香です。
中身のみ頒布、容器はついておりません。

Anju

役行者の共生(ともいき)の精神 -視野を広く持つ-

ボーダーレス, ことのは つづり, 祈り, 季節, 想い, 植物&食物, 聖地, ことば

役行者の共生(ともいき)の精神 -視野を広く持つ-
境内の落ち葉掃き 草抜きや清掃をしていると、今の時期はよくテントウムシが挨拶をしてくれます
暑さや疲れが癒されていくようで、自然が人間に与えてくれるエネルギーの「巡り」を実感します。

こんなに小さくて、意識しなければ気付かない命。

役行者が山中で履いていた下駄の歯は、なるべく大地と接する面積が小さいものだったという話は有名です。
それは、大地に生える植物や、虫たちの命を可能な限り守るためでした。

ついつい私達人間は、自分たちを基準とし、人間のモノサシonlyで判断しがちですが、この地球で様々な形で恵みを頂き「生かされている」立場であることを忘れてはいけません。

どんな小さな植物も動物も虫も、等しく尊い命。
同じく自然の一部。
自然を内側からみると、みえてくるイノチがあります
全てのコネクションがみえてきます。

森をみて木をみ、木をみて森をみる大切さ。
視野を広く深く持つ教えに繋がるように思います。

さて、テントウムシは幸せのシンボル!
ステキなことが沢山起こります。本当に!

6月最後の1週間
皆様もぜひ、自然に触れる時間を「意識」して持たれ、日常の当たり前でない当たり前の幸せを「意識」してお過ごし下さい

Anju
こちらのテントウムシ、弁財天社のお社の方向を向いて、思いにふけっているようでした