さい帯血バンク

イヒカ塾 〜言葉の意 想う力を操る〜

悠然, ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, 講演, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, お守り, 修行, ことば

今月のイヒカ塾  「言葉」の意 〜想う力を操る〜をご受講下さった皆さま、ありがとうございました
櫻本坊は、神仏習合の精神性のもと、万民に開かれた寺院です。
神の道 仏の教え 修験道の心…日本の多様な「清めと祈り」の真髄の継承に努めています。
来月は、10月6日(木) 開講、テーマは「魔」の意 ~光と闇の両方を知る~ です

イヒカ塾ご案内↓
https://sakuramotobou.or.jp/event/2022/2022ihika.html

*ご奉仕体験は、今月は聖天堂の人形(ひとがた)作りの作務をお手伝い頂きました
作務内容は、月によって違います
お寺のお清め・作務体験を通して、恩返しではなく、恩送りの感謝の気持ちを、再確認できるきっかけになりますように。

……
このような方にお勧めです

・心の学びを深めたい方
・自分軸を固め生き方を見つめなおしたい方
・道徳・倫理観・死生観を深めたい方
・悩みや決断と向き合っていて、後押しが必要な方
・万葉時代の歴史がお好きな方
・社寺の参拝が好きで、神仏とのご縁をより一層深めたい方
・修験道に興味がある方
・修験道の精神性を勉強したい方
・行者・先達として既に励み、あらためて修験道の精神性を深めたい方
・これから行者を目指したい方 など

性別・国籍・年齢・経歴等関係なく、受講していただけます。
お子様・学生様も大歓迎です。学校以外の場所で、心の教育を求められる方・自分で考える力を育てたい方にお勧めです。

いつもそばに

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 祭禮, 行事, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, インターナショナル, 聖地, 神仏, ことば

本日24日、千体地蔵尊法要を斎行させて頂きました。
この時節柄ですが、ご出仕下さった行者 関係者の皆様、またお供養お塔婆をお申し込みくださり、心を向けて下さった施主皆様に、深く感謝申し上げます。

Remember Me

悠然, ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 祭禮, 行事, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, 講演, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, ことば

例年8月24日に斎行致します、地蔵盆法要への準備がすすめられています。

お地蔵様をお身拭いさせて頂き、よだれかけを交換し、周りの草引きや落ち葉はきなど、清浄にする作務が続きます。
そして、お供養のためのお塔婆を手書きしています。
……
「中今(なかいま)」

今この瞬間を、今できる100%で生き、人生を全力で価値あるものとしていくこと。
気の遠くなるような長い歴史と時間、そして数えきれないご先祖様たちの「ご縁」によって、今自分の命が継がれ、この時代に生きている奇跡。
生かされている自分の命は、自分1人のものではなく、「他人事な命」も存在しません。
多くの人の想いと祈り、愛を引き継いで、生命の真っ只中である「今」を生きる責任と使命が、私たちにはあります。

いま このとき ここで「ど真ん中」をどう生きるか。

数えきれない人たちの祈りを受け、生かされている自分のイノチ 大切な人たちのイノチに、感謝の心を片時も忘れない
同時に、自分たちの後で繋がれていく、奇跡そのもののイノチへの祈りを、捧げる日にしたいと思います

Remember me

毎年8月24日の地蔵盆法要では、お供養のお塔婆(とうば)を書かせて頂きます。

お塔婆(故人のお名前 法名が書かれた木柱)の意味とは-
例えば、神仏が光の柱を通して、恐れ多くも 私たちの近くまで降りて来て下さり宿られるさい、「依り代(よりしろ)」が必要です。

仏さまであれば、自然はもちろんのこと、多くはお像 彫刻 画などの「ご仏像」、神さまであれば、自然そのもの(山 磐座 樹木 滝 川…)や鏡 剣 御幣などの「ご神体」と呼ばれるものになります。
私たち人は、それらを礼拝の対象として、目に観える形で、その対象に神仏の気配を感じ、手を合わせます。

それと同じで、お供養のお塔婆も、故人にとって「目印」となります。空の世界にいる故人が、私たちが生きている地上の世界の、どこに行けばいいのか教えてくれる道しるべ。
もちろん…心に想うとき、いつも側で、共にいて下さっている、大切な人たちの魂ー

ディズニーアニメ映画で大ヒットした「Coco(原題)/ リメンバー・ミー」を見ていると、お盆(All Souls Day)にご先祖様を迎えるために、人々は目印となる写真を祀り、お供え物をする。自分が帰るべき依り代があり、自分が生きていたという事実を覚えてもらっている間は、死者の国でも”生きている“…国境を越えて通じるものがあるのだと感じました。

同時に「忘れられる」ことが、人間として最も悲しく孤独であるのだと思いました。
他者満足で生きる意味を想います。

寿命- 私たち1人1人の魂に与えられた役目を果たした時、寿命が訪れるのであれば…
「今」この奇跡そのものであるイノチを、どう全うするか。
人が生きる道-人生とイノチの、私たち人間の想像を超える、奇跡の輝きと尊さを…考えさせらます。