さい帯血バンク

今月の書「笑」

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, お守り, 修行, 大峰山, ことば

今月の書 「笑」

“Ask and it will be given to you, seek and you will find, knock and the door will be opened to you.”
天の岩戸は、笑い声で開けました。

我々が願うのは、お護摩を通して、皆様自身が、自らの未来を明るく照らされる、その後押しをさせて頂くこと。

笑顔の力を、信じております。

Anju

ps 本日、ライブ配信にて遥拝していただいた皆様、ありがとうございました。
技術的にまだ不慣れなことが多く、ご不便な箇所もあり失礼致しました。
より良いライブ配信をしていけますよう、精進いたします。
引き続き宜しくお願い申し上げます。

なお、同時刻に遥拝が叶わなかった皆様には、一定期間アカウント内でライブ動画を保存しておりますので、あらためて遥拝ください
https://instagram.com/sakuramotobou.official

……
護摩木を奉納し「ひらけごま」に遥拝しましょう。
*配信内容詳細・護摩木申し込みフォームはこちら↓
https://sakuramotobou.or.jp/event/contact/hirakegoma2021.html

<<次回ライブ配信日>>

午前10時より開始
2月6日(土)
3月6日(土)
4月8日(木)*大護摩供14時半頃目安
5月1日(土)
6月5日(土)
*7月〜12月の配信日は追って更新致します

Blooming Blue 〜聖なる蒼色〜

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, 講演, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, お守り, ことば

Blooming Blue 〜聖なる蒼色〜
櫻本坊が長年大切にしている想いの1つに、「祈りと医学」があります。

医学が身体を治す術であるならば、祈りは心を癒す術であることを、両現場で、身をもって経験・感じてまいりました。

治療と治癒:CureとCareが両立してこそ、人は「治った」といえる。

祈りと医療の現場は、どちらもテーマは心と生命です。愛と想いです。

この度、お護摩のインスタライブ配信を開始するにあたり、闘病しておられる方々とも、目に見える形で祈りを結んでいきたい…決して1人じゃない…想いは必ず力になることを、伝えていきたい。

世界中どこからでも、誰でもアクセスが可能なオンライン配信ということで、軽い気持ちで見られる方もいらっしゃるかもしれません

しかし、護摩の重み、同時刻に様々な想いで手を合わせる人達と、祈りの時空間を共にしていることを、どうか心に留めておいてください。

……
<<祈願護摩木 申し込み受付中>>
護摩木を奉納し「ひらけごま」に遥拝しましょう。
*配信内容詳細・護摩木申し込みフォームはこちら↓
https://sakuramotobou.or.jp/event/contact/hirakegoma2021.html

<<ライブ配信日>>
午前10時より開始
1月13日(水・新月の日スタート)
2月6日(土)
3月6日(土)
4月8日(木)*大護摩供14時半頃目安
5月1日(土)
6月5日(土)

*今月13日は、初めのご挨拶とお護摩のご紹介ライブ配信です。
*7月〜12月の配信日は追って更新致します

時間と選択を生きる

祈り, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, 講演, ことば

生きるという選択

先週に続き、本日22日は非常勤講師として、兵庫県 甲南大学 「死生学 〜日本の死生観〜」の講義をさせて頂いております。
今週は、もっと身近な「家族の死」とどう向き合い、どう「生と死」を捉えていくか-

私たちは全員、いずれ100%死にます。
私たちが全員、いずれ必ず大切な人・家族の死と直面します。

人によって、タイミング・寿命が、違うだけ。
与えられている時間は皆同じで、その中で何を想い、何を選択し、どの言葉に出会い、どう行動していくのか、が違うだけ。

1番この講義でお伝えしたいのは
「選択肢は、常に目の前の時間の中にある」
ということ。

どのような状況に陥っても、真っ先に相手に「ありがとう」と伝えれる強さが、本物の優しさであるということ。

悲しみを消したり、後悔を克服することはできなくても、今を、肯定的に生きる選択はできる、ということを伝えたい。

あの人のため。自分を愛してくれる人たちのために、自分が愛する人たちのために。

皆さんが、今の時間の中で選択する想いが、誰かの今日という1日を笑顔にできる力となりますように。

そんな願いを込めながら…毎年、学生さん達の眼差しと向き合えることに、感謝で一杯です

Anju