さい帯血バンク

祈りは失われない

ボーダーレス, ことのは つづり, 祈り, 行事, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, お守り, 修行, 大峰山, ことば

全ての願いが、思い通り、願い通りに叶わなくても、後で振り返った時に、どれほどの大難が小難になっていたかを知る時が来る。

いろんな形の愛と人生を学ぶために、与えられる試練を、「こんなはずじゃなかった」と捉えるか、「この経験のおかげで今がある」と前を向けるか。

いま、すぐに、叶わなくても、思い返せば…思いもよらない形とタイミングで「叶ってい(き)た」多くの祈り。

守られ導かれている、自らの生命に、今日もたくさんの感謝と笑顔のシャワーを。そして、努力の継続を信じきる潔さを。
Anju

(山上参籠所 坊守撮影)

今月の書「恩恵」

ボーダーレス, ことのは つづり, 祈り, 季節, 祭禮, 行事, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, 修行, 大峰山, ことば

今月の書 「恩恵」
“Have you ever walked on the ground without stepping on these small plants, flowers or bugs? No single person could ever be able to walk without killing the lives on the ground.

Shugendo is not only about practice or train tough on ourselves. It’s about how initiatively we notice/realise where we stand at, and how much we can be more thoughtful, tender-hearted human being.”
自分たちが、何の生命の営みの上に立っているか、立たせてもらっているかに気づく。

生まれてから今まで、大地に生きる植物・花や虫たちを、1つも踏まずに歩いてこれたと、自信を持って断言できる人はいますか?
足元を見る。なにのおかげで、私たちは有難い影響をもらい、生かされているか。そこに気付くと、必然と謙虚さの根源に気付きます
いま必要とされている方に、お護摩の祈りが届いていきますように

Anju

ps 本日、ライブ配信にて遥拝していただいた皆様、ありがとうございました。また、メッセージも同時にお送り頂き、心の結びに感謝致します。

より良いライブ配信をしていけますよう、精進いたします
引き続き宜しくお願い申し上げます。

櫻本坊公式Instagram↓
https://instagram.com/sakuramotobou.official  (@sakuramotobou.official)
……
護摩木を奉納し「ひらけごま」に遥拝しましょう。
*配信内容詳細・護摩木申し込みフォームはこちら↓
https://sakuramotobou.or.jp/event/contact/hirakegoma2021.html

<<次回ライブ配信日>>
午前10時より
7月3日(土)
8月7日(土)
9月11日(土)
10月1日(金) *大護摩供14時半頃目安
11月6日(土)
12月4日(土)

愛を知った日

ボーダーレス, ことのは つづり, 祈り, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, 講演, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 修行, ことば

愛を知った日

さまざまな経験を通して、私たちは生涯、千差万別の感情とともに生きていきます。

修行のコアに挙げられる「不動心」への憧れ。

それは、何も感じないための心を手に入れるものではなく、どのような感情を経験したとしても、その経験を自他を思いやる言動へと繋げること。そこを、迷わないこと。

自分はこうされたから、相手もそうされて当然。仕返しや忖度、期待をしたところで、何も得るものはありません。

生きている中で、大切な人を失い残される悲しみは、できれば経験したくない経験です。

でも、心が裂ける痛みを知り、愛を知った。
悲しみは、愛と学んだ。
その愛を、人に向けていきたいと、誓った。
悲しい、は愛。

多種多様な場面で、死生観をお伝えする機会が増えて、目の前にいらっしゃる皆様にただただ伝えたいと願うことは…

大丈夫、を伝えたい。
未来は空っぽじゃない、時間が解決することは少ないけれど、今を肯定的に生きる選択は可能である…誰かを想い、愛し愛される記憶は、かならず前を向く力になることを、引き続きお伝えしたいです

Anju