神仏

何をもって導いていくか

ボーダーレス, ことのは つづり, 祈り, 季節, 祭禮, 想い, 聖地, 神仏, お守り, 修行, 大峰山, ことば

何をもって導いていくか

12月7日は、山の神様(おおやまづみのみこと 大山祗神・大山祇命) の祭礼日、12月15日は、秋葉大権現の総本宮の例大祭でご縁日

当山 本堂左手に御坐します「天狗経」に説かれる日本四十八天狗の1柱: 秋葉大権現 吉野皆杉 小桜坊-
明治以降 長年失われていた、右手に持たれる持仏 八手の団扇、左手の独鈷杵は、平成の御代に 復興させて頂きました。

こちらの天狗様は、その八手の団扇で内外の災難 厄 魔を祓い、良い風を吹かして下さいます。
また、山の神の使いとして、修行する者を守り導き、冷静な判断力を与えて下さると伝わります。
そして、護摩を焚くさい、炎に向かって扇を仰ぐ作法の時には、その御力と風を炎に入れて下さるのが、天狗様

祀られる全ての神仏は、私たち人間と同じように使命・役目があります。
例えばヴァイオリニストにとってヴァイオリンがなければ仕事が出来ないように、神仏が手に持たれる「持仏(じぶつ)」にも全て役割と意味がある。
さて、「天狗になる」ということわざ。

あくまでも私たちが目で見ている神仏のお姿は、人間がつくった「形」で、本来の御霊や光の柱は、心で観る・観じるもの。

しかし、森羅万象の営みの中で、神話を含め、先人たちが残してくれた教えは尊く、こういった神仏のお姿を通して、私たち人間が忘れてはいけない「基本の“き”」が継承されていること。

また神仏は、その与えられた姿 形をもって、私たちに教えてくれているメッセージが常にあるということ。

戒めとして、ことわざになった「天狗」の姿-

…その姿の裏側には、こういった神仏の、自らの身をもって導く寛大さと…計り知れない優しさがあることに、感謝を込めて…

Anju

スターウォーズにみる「心」

ボーダーレス, ことのは つづり, 祈り, 行事, 想い, 聖地, 神仏, お守り, 修行, 大峰山, ことば

スターウォーズにみる「心」
櫻本坊では、各作法の正式な伝授の継承にも尽力を尽くしております。

神仏の御前に詣でるには、常に心身・言葉を「清める」「祓う」「六根清浄」が大切になってきます。
そして、山や自然に入る時、また日常の中でも、「魔」「厄」「災い」「難」から「身を守る」こともとても大切です。

例えば「護身法(ごしんぽう): 諸々の禍事 罪 穢れを祓い、神仏にあらゆる「魔」から護って頂くための作法」-
日常 山 自然に潜む、私たちの「欲」や弱い所に入ってこようとする「魔」-

でも最も身近な「魔」はどこに潜んでいると思いますか?

私たちの心の中-

外から来る魔を防ぐためだけでなく、自身の心の中の魔(言霊の使い方 欲 傲慢さ 損得感情 妬みや怒り 思いやりの欠如 等)に気付き、常に自身に問いかけ 見直すことの大切さ。

とても分かりやすい例として、スターウォーズ やハリーポッター

1人の青年が、マスターヨーダにもダースベーダーにも…救世主にも闇の帝王にも…「すべては”心“しだい」で光にも闇にも転じることができる。
つまり、私たちは皆、どちらの心も有しているということ。

心の向け方、心を向ける方向、意識の在り方、そして「想い方」。

修行に終わりはない中で「心構え」「ブレない軸」を保つ努力、または向かう方向がズレていないかを見直し整え直す…その繰り返しの重要さをお伝えしています。

Anju

*正式な各作法伝授は、得度を受けていることが受講資格となります。

「命の使い方」を知る ~甲南大学「死生学」講義②~

ボーダーレス, ことのは つづり, 祈り, 季節, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, 講演, 神仏, ことば

「命の使い方」を知る

先週に続き、本日26日は非常勤講師として、兵庫県 甲南大学 「死生学 〜日本の死生観〜」の講義今年は90人の学生さん達が授業をとっているとお聞きしました。

今週は、もっと身近な 愛する人 大切な人の死とどう向き合い、どう「生と死」を捉えていくか…「命の使い方」についてお話する90分。

「今を生きなさい」「命を大事にしなさい」
そう言われても、実際どうすればいいのか分からない。
でも、毎日の何気ないすべての瞬間に、できることがあります。

「おはよう」「おやすみ」「おはよう」
「行ってらっしゃい」「行ってきます」「ただいま」「おかえり」

返ってくる返事。

言霊に込められる愛。
誰かから向けられる 誰かに向ける「祈り」-

言葉を大切に、何気ない日々の当たり前に幸せを感じてほしい。
今隣で笑っている人の命が、明日もあるとは約束されていません

悲しみを消したり肯定することはできなくても、悲しみに寄り添い、「今」を肯定的に生きる選択はできるはず。
学生さん達からのフィードバックやコメント 感想欄には、「重かった」という言葉が毎年返ってきます。

その「重み」「深み」を感じて頂くことこそ、死生観の1つだと感じています。
命は決して軽いものではないから。
そしてその「命の重み」は、感じて頂いた学生さん1人1人にも、全く同じようにあるということ。

学生さん達から向けられる真摯な眼差し、多感な時期であるからこそ、全ての経験を味わいながら、それぞれの「使命-命の使い方-」を見出し、今を生きていってほしい。

そんな願いを込めながら…毎年その眼差しと向き合えることに、感謝で一杯です

Anju