行事

ご奉仕の心得

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 祭禮, 行事, 想い, 植物&食物, 聖地, 神仏, 修行, ことば

ご奉仕の心得 -日々の生活の行いに全て繋がっている-

毎月1日と15日は月次祭とし、全てのお堂とお社に、御神饌をお供え致します。

御神饌を準備させて頂く行程と時間は、自然と心穏やかになり、準備の段階から既に、清めと祈りの儀式であり、神仏との対話であると実感します。
御神饌の準備は、大変有難いご奉仕です
大切な人・家族の喜ぶ顔を想像して、食事を作る…そのような気持ちにも似ています

各お堂 お社によって、それぞれの神仏へのお供え物は異なります。(お寺で代々受け継がれる伝承に則る)

神仏がお喜び下さることをさせて頂ける…毎月1日と15日は、ご奉仕の心得を再確認する日でもあります。

御神酒を注ぐ時、御米を洗うとき、御塩を盛るとき…ついつい事務的になりがちな、何の変哲もない単調な作業は、おのずと丁寧になり、心がこもり、大変尊い時間となる

御神饌だけでなく、境内の清掃や 堂内のお掃除、大祭や護摩の前後の準備に片付け、お供えの御餅作り、ご開帳期間中の受付に案内作務…年間を通して、見えないところでの清めに始まり、多くの方のお支えとご奉仕があって「その日」のお祭や護摩は斎行でき、日々気持ちよくご参拝の皆様をお迎えできます。

「ご奉仕している」ではなく「ご奉仕させて頂ける」という謙虚さが大切です。
「ご奉仕したから、人にこう思われたい、見られたい」「ご奉仕してるんだから、感謝してほしい、あれが欲しいこれが欲しい」はそもそも「ご奉仕」の本来の意味と心の向けどころが違います。
なによりも、神仏のより近くで「ご奉仕させて頂く」ことへの感謝の気持ちが大切です。

誰のため 何のために「ご奉仕」をするのか。

神仏に
「仕え奉る(つかえたてまつる)」のがご奉仕

真心でしか、祈り想いは届きません。
真心しか、心も物事も、動かせません。

神仏は すべて 必ず 観ています-

Anju

*教訓:ご奉仕の心得から「得る心構え」
誰かにお出しするお茶一杯も、「美味しく飲んでもらいたい」「元気になってもらえますように」と、心を込めるようになります。
それが相手への思いやりとなり、全ての命への感謝と祈りへと繋がります。

榊を御神前にお供えするために、枝を切らせて頂く。自然のイノチを頂く。感謝と敬意を持って榊の木やお花(献花)と向き合うことも大切な心得です

オオニシ恭子先生指導 やまと薬膳&桜本坊コラボ企画 ②

ボーダーレス, ことのは つづり, 祈り, 季節, 行事, 想い, 祈りと医学, 講演, 植物&食物, 聖地, 神仏, 修行, ことば, リトリート

オオニシ恭子先生指導 やまと薬膳&桜本坊コラボ企画 ②
〜皐月のヒーリングステイ「爽やか」〜
オオニシ恭子先生オリエンテーションでのご挨拶
歩禅の様子裸足で大地にデトックスしてもらう

やまと薬膳メディスナルステイ&桜本坊ヒーリングステイ2泊3日のプログラムが、5月17日〜19日の期間 開催されました

こちらのコラボ合宿(毎年5月と9月開催 *やまと薬膳さま主催)も、有難いことに今年で6年目になります。

桜本坊に滞在中のプログラムには、精進料理・歩禅・教学「心」「祈り」「清め」・光と香の瞑想・滝行・勤行・ダルマからのメッセージ…を体験して頂けます。

光は尊い
西行庵
自然は尊い
爽やかな新緑の吉野山
心身を清めるお食事大黒柱は尊い
教学「心 命 祈り」✨
「香」の本来の役割の説明✨
桜本坊ではプロの調香師の先生と連携して、手作り 手作業で聖油(香油)をお作りしております
桜本坊 完全オリジナルの聖油(香油)を使っての「身体の清め」
夜の光と香の瞑想「自身が灯火になり周りを照らす」✨
朝の滝行「水の清め」
滝行の様子
勤行の様子全ては清めに始まり清めに終わる朝の勤行「心を鎮める」
桜本坊の精進料理/修行食(奥駈修行・得度式・ヒーリングステイ)は、お砂糖不使用・調味料 お野菜は無添加でオーガニック・手作りです。こちらは朝食の例

Anju

*写真は、やまと薬膳さまよりお借りしております。
ステキな光がいっぱい煌めく写真をシェア頂き、ありがとうございます


次回開催: 9月20〜22日 -長月の「月清く」-
問合わせ予約申込み: やまと薬膳
http://yamatoyakuzen.com/

”奈良の地で世界遺産に登録される豊かな自然と人々の信仰心織りなす、最高のパワースポット吉野山「桜本坊」にて、心身のお清めをしたあと、「やまと薬膳」で自然の恵みを頂きながら食の学びと体のケアをする体験型ステイです。“

オオニシ恭子先生指導 やまと薬膳&桜本坊コラボ企画①

ボーダーレス, ことのは つづり, 祈り, 季節, 行事, 想い, 祈りと医学, 植物&食物, 聖地, 神仏, 修行, ことば, リトリート

オオニシ恭子先生指導 やまと薬膳&桜本坊コラボ企画
〜皐月のヒーリングステイ「爽やか」〜
歩禅の様子 吉野山 奥千本〜西行庵

やまと薬膳メディスナルステイ&桜本坊ヒーリングステイ2泊3日のプログラムが、5月17日〜19日の期間 開催されています
こちらのコラボ合宿(毎年5月と9月開催 *やまと薬膳さま主催)も、有難いことに今年で6年目になります。

日々「食べること」、どれだけ皆さんは目の前の食事と「向き合って」いますか?
今日食べた食事が、明日の自分の身体をつくり、心の在り方をつくります。

「氣枯れ(けがれ:穢れ)」は生命力の低下を意味します。
その生命力の源の1つに、食べるもの/ことがあります。

目の前に出された食事を食べる資格が、自分には果たしてあるのだろうか。
口にできるだけ、日々、私は清く明るく正しく真っ直ぐ生きているだろうか?
食事の時間は、そう自身に問いかける時間でもあると思います。

食べ物に対して愚痴や文句は本来言うべきではないこと。

一粒のお米、一滴のお醤油、1本の人参にも…それらには、長い月日の中で、自然が育ててくれた計り知れない生命力と、自然に宿る神仏の祈りが込められています。

そのエネルギーを、私たち人間は「頂いて」います。
「生かされて」います。

いただきます ごちそうさま も祈りの言霊
「ありがとう」の気持ちを決して忘れず、目の前の食べ物を、大切に

Anju
爽やかな風とターコイズカラーの大空自然は清い
歩禅中は自然と無言に自然の声を聞く
大自然は全てを満たし引いてくれます

清い!
吉野山の奥の奥!
吉野山 金峯神社(山の氏神様です)でまずご挨拶

*詳細&写真は順次更新致します
写真は、やまと薬膳さまよりお借りしております。


次回開催: 9月20〜22日 -長月の「月清く」-
問合わせ予約申込み: やまと薬膳
http://yamatoyakuzen.com/

”自然の恵みを頂きながら「やまと薬膳」で体のケアをし、奈良の地で世界遺産に登録される豊かな自然と人々の信仰心織りなす、最高のパワースポット吉野山「桜本坊」にて、心身のお清めをするプログラムです。“