行事

聖地巡礼 〜女性のための奥駈修行〜ご案内

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 行事, 想い, 祈りと医学, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, 修行, リトリート

聖地巡礼 〜女性のための奥駈修行〜 (*男性可)

来月 9月7日〜9日に予定しております 熊野古道 那智山〜本宮の巡拝修行ですが、定員に満ちましたので、受付を終了致します。

ご巡拝される方は、体調を整えてお越し下さい

https://sakuramotobou.or.jp/event/2019/2019090709.html


当山の聖地巡礼について-
明確な目的(自己内外の鍛錬・浄化祓い・祈願・懺悔・お供養)を持ち、聖地に宿る神仏へ祈りを捧げながら歩く修行です。

社会 職場 また普段の家庭の中で、十分な修行をされていると思いますが、日常を離れ、聖地に身を置き、自身と向き合う時間をつくっていきたいと思います。

あらたな気づき…があるかもしれません
熊野古道 〜大雲取 ・小雲取〜
法螺貝の音霊が、細胞を震わすような清らかな森✨
山頂近くから見える海✨空と海の境界線が溶け込むようです。まさに空海の心✨

Anju

「寿命」のお話 -愛別離苦の裏側にあるもの-

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 行事, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, 聖地, ことば

「寿命」のお話 -愛別離苦の裏側にあるもの-
日本の8月は、お盆や歴史の記憶を風化させない記念日を含め、イノチを見直す月ですね。

去年より講師として担当させて頂いております、甲南大学「死生学」の授業で、学生さん達にお伝えしている「死生観」のひとつ-

「死が怖い、それは自分が死ぬことへの怖さよりも、自分が大切と想う人を失うことへの恐怖。その恐怖感も、死生観の1つである」

大切に想う人の「死」に絶望している時、人がかけて下さるどんな言葉も、心に入ってこないことってありませんか?

時に、刃のように突き刺さる言葉を癒すのに、何十年という月日が必要になる場合もあります。

人によって「失い方」も違いますし、「救われた」と実感する言葉も十人十色ですが、当山が生命と向き合う日々の中で、腑に落ちた言葉があります。

「寿命」そして「愛別離苦」

寿命という漢字は「イノチにコトブキ」と書きます。
最も命が祝福されている瞬間に「産まれるトキ」と「死ぬトキ」が含まれている-

生身の人間として生きているからこそ得れる、数えきれない経験と感情。
同時に、肉体はなくとも、魂として可能になる、天命としての役割や働き方。

人生は「長さ」ではなく「生き方」である、ということ。

「四苦八苦」の中に含まれる「愛別離苦」-

誰もが必ず経験する、愛する人を失う苦しみや悲しみ。
決して「他人事」ではありません。

この苦しみの裏側には「すでに、愛する人と出会っている」という、何にも変えることが出来ない、かけがえのない喜び 幸せ 尊さがあるということ-

生きること 死ぬこと
どちらが怖いと感じますか?

無駄な時間も経験も出会いも、人生ではなに1つ存在しません。

今を生きる-
今この瞬間、私たちの側で笑っている人のイノチが、明日もあるとは約束されていません。
どれだけ気をつけていても、何が起こるか分からない世界に、私たちは生きています。

瞬間 瞬間の気持ちを大切に。
どれだけ愛し、感謝しているか、ごめんって思っているのか…言葉として正直に伝えれて、受け取れる毎日でありますように
Anju

吉野山 落語講演会

ボーダーレス, ことのは つづり, 行事, 想い, 講演, ことば

吉野山 落語講演会

(主催: 吉野山人権のまちづくり推進協議会/ 会場: 櫻本坊 大講堂)
本日午後6時〜8時、落語家の桂 坊枝(かつら ぼうし)師匠をお招きして、人のつながり 助け合いをテーマに、落語講演会が開催されました。
今まで以上に「多様性」の旗が、至る所で掲げられ始めた令和。

国籍 性別 肩書き…全てをこえて、この地球に生を受けた全ての命に認められる「幸せに生きるため」の権利。

自分 相手 社会を幸せにできる、身近に出来る最初の一歩とは。

師匠のお話の中にも大きなヒントがありました。

「芸事でもまず真っ先に教えられることが“挨拶”」
「周りの人 社会へ挨拶が出来ない人に、芸事を教えることすら論外」

人との繋がりの中で、当たり前すぎて、でも絶対に欠かせない心配り・思いやり・感謝、それが「挨拶」

この心は、どの「道」にも通じることではないでしょうか。

-実るほど頭を垂れる稲穂かな-

桂坊枝師匠は、心配りが深く、周りの人を心地よくされる素敵な方でした

ありがとうございます

Anju