修行

修験道は愛

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 想い, 祈りと医学, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, 修行, 大峰山, ことば

修験道は愛
全てに八百万の神仏が宿り、生まれながら神仏にいつも護られていることを「知っている」…

日本人が本来持つ、自然(生命)を内側から捉え見ることができる精神性と、多様性の尊重。

日本の「有り難い」という言霊と精神性こそ、世界を平和へと先導していける揺るぎない「愛」…つまり「祈り」だと思います。



神と仏・その道と教えを区別せず(神仏習合)、共に祀り仰ぎ尊ぶことが根本にある修験道。

全ては自然に生かされ、全ては自然に還っていく…その光の中で、我々は浄化させて頂き、そして「他者と社会のため」を常に胸に、すすむ。

毎日の「小さな」幸せとミラクルの連続に感謝し、目の前の生を受け入れて、生きる。

そして誰もが平等にいずれは死を迎える事実を受け入れて、生きる

受け入れることの、幸せ。
中今: いまここにある生命に、愛をこめて。
Anju

全ての人に開かれた祈りの道 〜秋季「お寺で癒(い)よう」のご案内〜

ボーダーレス, ことのは つづり, 祈り, 季節, 行事, 想い, 祈りと医学, 植物&食物, 聖地, 神仏, お守り, 修行, ことば
全ての人に開かれた祈りの道
〜秋季「お寺で癒(い)よう」のご案内〜

「修験道のお寺だから、山伏と男性しかお参りしちゃいけない、って勘違いしていました!」

この夏、結構な頻度で、思わぬご感想を頂き驚くとともに、客観的な意見を新鮮に感じました。
櫻本坊は、万葉の御世に天武天皇が御建立されて以来1300年、どなたにも開かれた祈りの場です。門から寺内に一歩足を踏み入れたら、性別・国籍・社会的地位肩書…全てを脱ぎ、皆が平等に与えられている「イノチ」として、お互いへの敬意を大切にする「聖域」。

全ての方のために、お護摩・ご祈願お供養・修行の同行をさせて頂いております。

この夏「お寺で癒(い)よう〜五感を澄ます体験〜」を通じて、新しく結ばれた皆様とのご縁、今まで以上に深まったご縁…大変ありがたい宝ものです。

引き続き、吉野山の四季折々の自然を感じて頂きながら、五感を澄ます「体感」ができる環境を、提供し続けて参ります

秋季「お寺で癒(い)よう〜五感を澄ます体験〜」のスケジュールはこちら↓

https://sakuramotobou.or.jp/event/2020/healing-in-temple2020fall.html

櫻本坊での五感を澄ます時間が、ご自身のみならず、人のため 世のための幸せへと結ばれていくことを、心よりお祈り致します
Anju

「祈り」と必ず共にある「香り」の力

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 行事, 想い, 祈りと医学, 植物&食物, 聖地, 神仏, お守り, 修行, ことば
「祈り」と必ず共にある「香り」の力
昔むかし、小さい子供たちが「トトロの木」と呼んでいた、境内授与所前の銀木犀-
本日、例年より2週間近く遅く、開花いたしました。
樹齢380年、県指定 天然記念物に指定されています。
その甘美な香りは、遠くまで風にのって運ばれ、生涯忘れることができないほどの魔力を持っています。
櫻本坊では、古来から継承される本来の「香」の役割を忠実に守り、心身を清める儀式で取り入れています。
何にも穢されていない本物の香りが、ご参拝の皆様の六根を清浄にする後押しとなりますように-
Anju