講演

臍の緒は祈りの臓器 〜中部さい帯血バンク 講演〜

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, 講演, ことば

臍の緒は祈りの臓器
〜中部さい帯血バンク 講演〜

9月17日 愛知県瀬戸市 公立陶生病院
10月17日 岐阜市 おおのレディースクリニック
にて、さい帯血採取施設 教育訓練内の講演を担当させて頂きました。
生命を産みだす想いの力と、産まれてくる生命力の、とてつもないエネルギーの強さ

命の奇跡は、とても言葉で綴れるものではありません。

臍の緒という臓器を考えた時、人類誰もが、この世界に産まれるために備え付けられた、形として見える「祈りそのもの」であると思ってやみません。

その祈りの臓器から採取される血液には、母と子の愛と想いが詰まっています。

命は祈りによって産まれ生かされ守られています あなたの命が、あなた自身が、祈り

出産を控えていらっしゃる方、身近に妊婦さんがいらっしゃる方、出産時の臍帯血 提供協力によって、救われる命があります
患者の家族にとっても、繋がる夢と未来があります。

深いご理解と温かいご支援をお願い申し上げます。

*臍帯血採取のさい、母体と赤ちゃんには負担 痛みはありません。
厳格な基準を満たし認可された、公式な臍帯血採取産科施設にて、事前に同意書にサインして頂く必要があります。

Anju

日本赤十字社 近畿さい帯血バンク様とのご縁から始まり、各病院(産科 婦人科 小児科)で、医療従事者の皆様(と妊婦さんを含む場合有)に向けて行われる教育訓練 講演担当は、今年で7年目に突入しました。

*中部さい帯血バンク <さい帯血ってなに?>↓
https://www.chubu-cbb.org/entry1.html

近畿さい帯血バンクに次いで、中部さい帯血バンクは、移植施設(主に血液内科)への臍帯血提供数が2番の実績です。(*2019年1月-5月時点)

近年、血液の病気(特に白血病)の新薬・治療の著しい発展が話題になっています。

さい帯血は、赤ちゃんとお母さんを結ぶ「臍の緒」から、出産時に採取される血液で、さい帯血移植は、重篤な血液疾患の治療に役立っています。

秋のコラボ合宿のご案内

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 行事, 想い, 祈りと医学, 講演, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 修行, ことば, リトリート

秋のコラボ合宿のご案内

きたる9月20日〜22日、やまと薬膳メディスナルステイ&桜本坊ヒーリングステイ 「月清く」が開催されます

https://yamatoyakuzen.com/…/30/長月の特別企画月清く%E3%80%809月20日~22日/

毎年 5月と9月の 爽やかで清らかさが増す季節にコラボさせて頂く、心と身体を清め整える合宿

身体は、私たちが生きている間、使わせて頂く「魂の乗りもの」です。自然の一部である肉体を、自然から一時的に「借りて」います。

その身体を大切に労わり、感謝する気持ちが、自分と他者の生命を想い、自然を想う気持ちに繋がっていくのは、言うまでもありません。

食事は「心」です。料理は「心」です。
すべては「心」あってこそ

こちらの合宿では「心」の学びを深めるお手伝いを、櫻本坊ではお伝えさせて頂いております

*主催は「やまと薬膳」さまです。
お問合わせ・お申込みは「やまと薬膳」さままでお願い致します

Anju

吉野山 落語講演会

ボーダーレス, ことのは つづり, 行事, 想い, 講演, ことば

吉野山 落語講演会

(主催: 吉野山人権のまちづくり推進協議会/ 会場: 櫻本坊 大講堂)
本日午後6時〜8時、落語家の桂 坊枝(かつら ぼうし)師匠をお招きして、人のつながり 助け合いをテーマに、落語講演会が開催されました。
今まで以上に「多様性」の旗が、至る所で掲げられ始めた令和。

国籍 性別 肩書き…全てをこえて、この地球に生を受けた全ての命に認められる「幸せに生きるため」の権利。

自分 相手 社会を幸せにできる、身近に出来る最初の一歩とは。

師匠のお話の中にも大きなヒントがありました。

「芸事でもまず真っ先に教えられることが“挨拶”」
「周りの人 社会へ挨拶が出来ない人に、芸事を教えることすら論外」

人との繋がりの中で、当たり前すぎて、でも絶対に欠かせない心配り・思いやり・感謝、それが「挨拶」

この心は、どの「道」にも通じることではないでしょうか。

-実るほど頭を垂れる稲穂かな-

桂坊枝師匠は、心配りが深く、周りの人を心地よくされる素敵な方でした

ありがとうございます

Anju