縁の下の力持ち

塵ひとつない世界

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 想い, 聖地, 神仏, 修行, ことば

塵ひとつない世界

お祭りが「感謝」で始まり「感謝」で終わるなか、日々の全ての基本は「清め」で始まり「清め」で終わります。

清め=お掃除をすることは、最も大切な心得です。それは年齢や立場や肩書きによって左右されるものではなく、全員の役割です。また、掃除に終わりはなく、修行に終わりはありません。

「無心になる」ことを1番教えられる時間は、掃除の中にあり、自分の心の中の「ざわざわ」に気付き向き合う時間。

神仏が御坐す聖域-
人間が簡単に立ち入れない「結界」の向こう側の世界は、常に清められ「塵ひとつない」世界
この精神は、茶道の「無塵(むじん)」の世界観にも見られます。

その「無塵の世界」の手前で、可能な限り六根清浄を繰り返しながら、人間として生きている私たち。

清らかなだけでは生きにくい社会の中で、いかに自身の蓮の華を咲かせていくか。そしてその華を咲かせてくれるのは、紛れも無い「泥沼」でもあるということ。

泥沼は、尊い
そして、泥沼は、もがけばもがくほど濁っていきますが、静かに「受け入れ」穏やかであればあるほど、透明度は増していきます。

立つ鳥跡を濁さず、の精神で、真っ先に掃除から始まり掃除で終わる毎日です
Anju

感謝と喜び 穏やかさに包まれて

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 祭禮, 行事, 想い, 聖地, 神仏, 修行, ことば

感謝と喜び 穏やかさに包まれて

昨日17日、天武天皇ご神像 御扉を閉じさせて頂きました。
ご開扉中にご参拝され ご縁をお結び頂きました皆様、また連日ご出仕下さいました行者の皆様に深く、深く感謝申し上げます。

御扉を閉じさせて頂く祭礼のさい、感謝の気持ちと同時に溢れる、「来年も滞りなくご開扉できますように」という未来への願い-

ご奉仕させて頂ける者 全員が、来年もまた健康で笑顔で、御神像にお会いできますように、毎年想うことです
命あるからこそ…愛おしい命に感謝がこみ上げる瞬間でもあります。

祭礼 法要 神事は、同じことの繰り返し。
何年 何十年 何百年 何千年と繰り返し捧げられてきた、祈りのエッセンス。

そしてそれは、日々のひたむきな「つとめ」の積み重ねによって、実現できるものだと実感します。

神仏と築き上げられてきた/いく「確たる信頼関係」「光の柱の太さ」「糸の絆」

櫻本坊から発信される祈りと想いが、1人でも多くの方の心を、日月星のごとく照らしていけますよう…櫻本坊自身の光を、さらに磨いていく所存です

Anju
*写真は大講堂からの紅葉の景色です

道開き 前途ひかりに満ちていく

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 祭禮, 行事, 想い, 聖地, 神仏, 修行, ことば

道開き 前途ひかりに満ちていく

櫻本坊では、僧侶と神職が共に奉職し、共に神仏へご奉仕をさせて頂いております。

天武天皇のご神像-
神職の正装の上に、僧侶の袈裟をかけ、右手には神道の笏(しゃく)、左手には仏教の数珠を持たれ、神仏習合のシンボルのお姿をされています。

日々のご奉仕の中で、天武天皇ご神前におきまして、神職によるお祓いのあと 祝詞が奏上され、住職によりお経が必ず唱えられます。そして同時に捧げられる 錫杖 法螺貝や五十鈴の音霊

祈りの形はさまざま
しかし、手を合わせ 心が向かう方向、心の向け方に違いはありません

昨日〜本日明朝にかけて、今上天皇により斎行されました「大嘗祭」
…1300年前、天武天皇がお定めになり、以来 古来と未来を結ぶ重要な秘儀-

祈りの形はさまざま
でも、根底にある「世界平和」「生きとし生きる全ての生命の幸福」を想う想いは同じ

今日という日も、ひかり満ち、道が照らされていくことを願って…

Anju
*写真は、天武天皇祭での御神酒盃戴の様子


11月9日(土)〜17日(日) 8:30〜16:30
天武天皇ご神像 特別ご開帳中 (於 本堂)
*宝聚堂も同時に開扉しております。天武天皇御神霊 地蔵菩薩(重文・旧国宝)等 拝観して頂けます。但し、天武天皇お念持仏 釈迦如来坐像(重文・初代本尊)は4月のみのご開帳です。