ボーダーレス

天武天皇御神徳報賽神事 ご案内 〜天武天皇ヒストリー④〜

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 祭禮, 行事, 想い, 聖地, 神仏, 修行

天武天皇御神徳報賽神事 ご案内
〜天武天皇ヒストリー④

当山境内には、代々受け継がれる 大切な大切なしだれ桜の子孫が存在します。
今も春になると、上品に咲き誇るその桜…樹齢80年を越える 現 「天武天皇 夢見の桜」
こちらのしだれ桜こそ、櫻本坊の由緒の主役

歴代住職・携わる人たちの手によって、代々継承されている桜。
桜も人間と同じように世代交代をし、現在 桜本坊の境内には、親→子→孫 の3本の「夢見の桜」が存在します
次世代の孫桜もすくすく育ち、年々 花を少しずつ実らせています
<次世代「孫桜」と、役目を終え枯れ枝を孫の周りに自然と落とす「先代 おじいちゃん桜」 命はめぐる…サークルオブライフ

次の100年先の未来へ繋がる…桜

当山 櫻本坊を建立され勅願寺とされた天武天皇のことを、来月の例祭に向け、シリーズでご紹介させて頂いております
④夢占い・夢判断の元祖-

671年
兄の天智天皇から逃れ、吉野山で出家をし、籠られていたある寒い冬の夜。
大海人皇子は夢を見ます。深い雪に覆われた吉野山に一本の満開の桜が咲いている。
不思議に思った大海人皇子は、役行者の高弟・角乗(かくじょう)に夢判断を命じます。
角乗は「桜は日本の花の王。殿下が天皇の位につかれる吉兆でしょう」と答えます。
翌年、大海人皇子は壬申の乱に勝利、天武天皇となられます。
喜ばれた天武天皇は、その夢で見た桜樹を実際に見つけ、そのもとにお寺を建立。
寺号を桜本坊と名付け、角乗を住職に迎え勅願寺とされました。

この故事より、天武天皇「夢見の桜」は、夢占い・夢判断の発祥・元祖と言われております

当時は今以上に、「夢」を見ることや「夢」が持つ意味は、国を動かすほどの力があり、あらゆる兆しであると信じられ、重要視されていました。

1350年前に見られた夢…その夢を見られていなかったら、そこに意味を見出し、信じられていなかったら、今この櫻本坊の祈りの道は存在しません。
繋がれてきた全てのご縁と命も存在しません。
今こうして読んで頂いている皆さんとの出会いも、なかったかもしれません…
ロマンを感じませんか?

天武天皇について、1人でも多くの方に知って頂きたいと願っております

⑤へつづく
Anju


11月10日(日) 13:00
天武天皇御神徳報賽神事 (於 本堂)
*玉串拝礼がございますので、ご参列の方は平服でお越し下さい。
(カジュアルすぎる軽装はご遠慮頂き、神前拝礼に不敬にならない服装)

11月9日(土)〜17日(日) 8:30〜16:30
天武天皇ご神像 特別ご開帳 (於 本堂)
*宝聚堂も同時に開扉しております。天武天皇御神霊 地蔵菩薩(重文・旧国宝)等 拝観して頂けます。但し、天武天皇お念持仏 釈迦如来坐像(重文・初代本尊)は4月のみのご開帳です。

臍の緒は祈りの臓器 〜中部さい帯血バンク 講演〜

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, 講演, ことば

臍の緒は祈りの臓器
〜中部さい帯血バンク 講演〜

9月17日 愛知県瀬戸市 公立陶生病院
10月17日 岐阜市 おおのレディースクリニック
にて、さい帯血採取施設 教育訓練内の講演を担当させて頂きました。
生命を産みだす想いの力と、産まれてくる生命力の、とてつもないエネルギーの強さ

命の奇跡は、とても言葉で綴れるものではありません。

臍の緒という臓器を考えた時、人類誰もが、この世界に産まれるために備え付けられた、形として見える「祈りそのもの」であると思ってやみません。

その祈りの臓器から採取される血液には、母と子の愛と想いが詰まっています。

命は祈りによって産まれ生かされ守られています あなたの命が、あなた自身が、祈り

出産を控えていらっしゃる方、身近に妊婦さんがいらっしゃる方、出産時の臍帯血 提供協力によって、救われる命があります
患者の家族にとっても、繋がる夢と未来があります。

深いご理解と温かいご支援をお願い申し上げます。

*臍帯血採取のさい、母体と赤ちゃんには負担 痛みはありません。
厳格な基準を満たし認可された、公式な臍帯血採取産科施設にて、事前に同意書にサインして頂く必要があります。

Anju

日本赤十字社 近畿さい帯血バンク様とのご縁から始まり、各病院(産科 婦人科 小児科)で、医療従事者の皆様(と妊婦さんを含む場合有)に向けて行われる教育訓練 講演担当は、今年で7年目に突入しました。

*中部さい帯血バンク <さい帯血ってなに?>↓
https://www.chubu-cbb.org/entry1.html

近畿さい帯血バンクに次いで、中部さい帯血バンクは、移植施設(主に血液内科)への臍帯血提供数が2番の実績です。(*2019年1月-5月時点)

近年、血液の病気(特に白血病)の新薬・治療の著しい発展が話題になっています。

さい帯血は、赤ちゃんとお母さんを結ぶ「臍の緒」から、出産時に採取される血液で、さい帯血移植は、重篤な血液疾患の治療に役立っています。

天武天皇御神徳報賽神事 ご案内 〜天武天皇ヒストリー③〜

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 祭禮, 行事, 想い, 聖地, 神仏

天武天皇御神徳報賽神事 ご案内
〜天武天皇ヒストリー③

日本史上最大の内乱と言われる「壬申の乱」
天武天皇(当時は大海人皇子)を、勝利へと導いた吉兆の故事は、櫻本坊の縁起を含め、多く伝えられています。

吉野から伊勢を経て美濃へ行く途中、朝明郡にて禊の儀式を執り行い、天照大御神のお社(今の伊勢神宮)へ戦勝祈願の遥拝をされました。

そして、壬申の乱にて勝利をおさめたあと、その御礼と、日本の未来を見据え、伊勢神宮の拡張と整備をすすめられました。同時に、全国各土地の氏神社と寺院に敬意を十分に表され、この時、櫻本坊は天皇の勅命により建立されました。

天皇への即位を予言する(当時は大海人皇子)、桜の吉兆の夢のご縁で、当山 櫻本坊を建立され勅願寺とされた天武天皇のことを、来月の例祭に向け、シリーズでご紹介させて頂きます
③伊勢神宮-

現在 黒田清子さまが、神宮の祭主として務められている「斎王(さいおう)」のお役目。
この斎王の務めの伝統を定着させたのが、天武天皇。大田皇女(おおたのひめみこ)との娘君である大伯皇女(おおくのひめみこ)を、神宮で祈りを捧げる高貴な乙女として任命しました。

また「20年かけて」行う壮大な神事「式年遷宮」制度の制定。
1日も怠ることなく積み重ねられる、人々の祈りとご奉仕…その初心・心構えを途絶えさせないために「同じことを繰り返す意味」「更新の文化」を天武天皇は未来(現在)に繋げられました。

「永遠性」の神髄(真髄) と神威(真意)…

1350年前から変わらない、そしてこれからも永遠に変わることのない「祭祀」。

天武天皇が、現代の日本に繋げて下さった、多くの基盤と「日本の本質」を、1人でも多くの方に知って頂きたいと願っております

④へつづく
Anju

ps 写真は、伊勢神宮 内宮にて、黒田清子さまのご奉仕に偶然立ち会えた時のものです
毎年必ず、住職は伊勢神宮へ参拝させて頂き、お開き下さった祈りの道への感謝の念と、日本 世界の平和をお祈りさせて頂きます。


11月10日(日) 13:00
天武天皇御神徳報賽神事 (於 本堂)
*玉串拝礼がございますので、ご参列の方は平服でお越し下さい。
(カジュアルすぎる軽装はご遠慮頂き、神前拝礼に不敬にならない服装)

11月9日(土)〜17日(日) 8:30〜16:30
天武天皇ご神像 特別ご開帳 (於 本堂)
*宝聚堂も同時に開扉しております。天武天皇御神霊 地蔵菩薩(重文・旧国宝)等 拝観して頂けます。但し、天武天皇お念持仏 釈迦如来坐像(重文・初代本尊)は4月のみのご開帳です。