祈り

目を閉じ黙っていても

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 祭禮, 行事, 想い, 祈りと医学, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, お守り, 修行, 大峰山, ことば

目を閉じ黙っていても -With or without eyes opened-

神仏像は、私たち人間に、直接声に出して語りかけることはありません。
目を開いているお姿…目を閉じているお姿…いずれも、目の前で起こるすべてのさだめ(出来事)を、じっと観つめ、耳を澄まし聞いて下さっています。

どんなことが起こっても微動だにしない、その寛大さの裏側に、我々と共に喜び、悲しみ、耐え、挑戦する側で寄り添って下さっている。

色々ある人生で、可能な限り物事や出会いを肯定的に捉えるために、手を合わせ祈る時間を、ぜひ吉野山でお持ちください

……
本日3日(土)より12日(月)まで、天武天皇ご念持佛「秘仏 釈迦如来坐像(飛鳥白鳳時代・重文)」が特別ご開帳されています

こちらのお姿は初代本尊、1350年前 天武天皇が櫻本坊を建立ご開創に際し、ご念持佛としてお祀りになりました。大峯山系全体を通じて、役行者と同時代に当たる現存最古のお姿です。

現代の日本の原型を固めた天武天皇・持統天皇が、こちらのお姿に祈られた想い。
託された想いと1350年の時を櫻本坊は刻み続け、そして千年先の未来へただただ邁進していきます

Anju
年に1度この時期のみのご開帳です。
拝観受付時間:8:30〜16:30
拝観料:800円
宝聚堂(寺宝堂)特別ご開帳中
「地蔵菩薩(平安時代・重文 旧国宝)」をはじめ、廃仏毀釈を逃れた貴重な寺宝を拝観して頂けます。

八重桜開花
フューシャピンク色と桜餅の香り―

愛することを、恐れない

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 祭禮, 行事, 想い, 祈りと医学, さい帯血バンク, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, お守り, 修行, 大峰山, ことば

愛することを、恐れない

4月8日 釈尊降誕会〜花まつり〜の大祭は、すべての生命を祝福する祈りの日です

櫻本坊の大祭では、お釈迦様の誕生佛の背後に涅槃図が掛けられ、産まれた瞬間と死す瞬間が同じ聖域内に在ります。

寿命: イノチにコトブキと書く-
人が祝福されている瞬間のひとつに、死を迎えるときがあるのではないか。
もちろん亡くなり方や関係性などで、そう捉えることが難しいこともあります。
でも、人生は長さではなく生き方、であるのは確かな真実であると思うのです。

生と死を語り合うことを、タブー視しない。
生と死を考えることは、結局、その瞬間瞬間どんな言葉を選び、なにを社会に伝えていくかを考えることだから
私たち全員が、発信者です。

どれだけ人を思いやり、想いを力にし、実践していくか。…何より、自身が幸せになることを恐れない

どのような状況に置かれても、真っ先に相手に「ありがとう」「ごめんね」を、素直に正直に、懸命に伝えれる人間でありたいと、心から願う毎日です。

Anju