縁の下の力持ち

特別ご朱印の頒布ご案内

悠然, ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 想い, 祈りと医学, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, ことば

特別ご朱印の頒布ご案内
来年1月1日より、奉祝 天武天皇ご即位1350年記念 特別ご朱印の頒布を開始いたします。

○ 天武天皇・大伯皇女『勝福開道』

新たな1年が、勇気と希望に満ちていくよう祈願いたしました。

*書き置き: 手書きしたものに日付を入れてのお渡しです
*初穂料: 800円
*なくなり次第終了

………
大伯皇女(おおくのひめみこ)は、天武天皇にとって、そして日本の祈りの歴史を考える上で、とても大切な皇女です。

現在 黒田清子さまが、伊勢神宮の祭主として務められている「斎王(さいおう)」のお役目。

この斎王の務めの伝統を定着させたのが、天武天皇。大田皇女(おおたのひめみこ)との娘君である大伯皇女(おおくのひめみこ)を、神宮で祈りを捧げる高貴な乙女として任命しました。

1日も怠ることなく積み重ねられる、国家安泰・万民豊楽への祈りと、神仏へのご奉仕…その初心・心構えを途絶えさせないために、「同じことを繰り返す意味」「更新の文化」を天武天皇は未来(現在)に繋げられました。

「永遠性」の神髄(真髄) と神威(真意)…

時代の在り方に沿って、形や型は積極的に変化を促すことはあっても、1350年前から変わらない、そしてこれからも永遠に変わることのない「祭祀」の意味と、本質があるー

天武天皇が、現代の日本に繋げて下さった、多くの基盤と「日本の本質」を、1人でも多くの方に知って頂きたいと願っております✨

門の存在と意味

悠然, ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 行事, 想い, 祈りと医学, 講演, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, ことば

今月のイヒカ塾 「門」の意 ~結界の存在と道開きのために~ をご受講下さった皆さま、ありがとうございました✨
座学後のシェアリングも皆で一緒に語らい合う時間となり、年内最後のイヒカ塾も大変実りある1日となりました✨

来月は、1月7日(土) 開講、テーマは 「氣」の意 ~純粋性と、水の記憶力~ です✨
1年の抱負決め、月毎へのおみくじメッセージなど、来年も益々ワクワクする時間となりますよう、準備してお待ち申し上げます✨

イヒカ塾ご案内↓
https://sakuramotobou.or.jp/event/2022/2022ihika.html
*ただいま来年用に情報更新中です

*ご奉仕体験は、今月は、朱印・お守り入れの寺号押しの作務をお手伝い頂きました✨作務内容は、月によって違います✨
お寺のお清め・作務体験を通して、恩返しではなく、恩送りの感謝の気持ちを、再確認できるきっかけになりますように。

……
このような方にお勧めです
・心の学びを深めたい方
・自分軸を固め生き方を見つめなおしたい方
・道徳・倫理観・死生観を深めたい方
・悩みや決断と向き合っていて、後押しが必要な方
・万葉時代の歴史がお好きな方
・社寺の参拝が好きで、神仏とのご縁をより一層深めたい方
・修験道に興味がある方
・修験道の精神性を勉強したい方
・行者・先達として既に励み、あらためて修験道の精神性を深めたい方
・これから行者を目指したい方 など

性別・国籍・年齢・経歴等関係なく、受講していただけます。
お子様・学生様も大歓迎です。学校以外の場所で、心の教育を求められる方・自分で考える力を育てたい方にお勧めです。

思いっきり、生きていってほしいから。

悠然, ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 想い, 祈りと医学, 講演, インターナショナル, 植物&食物, 聖地, 神仏, 修行, 大峰山, ことば

11月29日 兵庫県 甲南大学にて、非常勤講師として「死生学」の講義 「日本の死生観」を、担当させて頂きました。
様々な分野の教授 研究者 博士の方々が、それぞれの観点から捉える「死生観」-

いま、生きている、生かされている生命-

この激動の世界で、生きていくことを受け身とせず、自発的に「生」に気付き、真っ直ぐ、そして思いっきり、生きていってほしいから。

誰かに言われたから、皆がしているから、ではなく、自分で考えて、自分の心で決断して、自分の足で志を生きてほしいから。

そして、人生のさまざまな道に迷う時、そっと寄り添ってくれる言霊や場所が欲しい時…自然や社寺という環境が、いつもそこで用意されていることを、知ってもらいたいです。

講義は来週6日も続きます
……
極めて現実的で「実践的」である修験道の世界観から、「死」をメインにお伝えするのではなく、「生」を前向きに見つめ直して頂き、「明日からではなく、今から出来ること」を考えるきっかけになれば幸いです