Post navigation

ボーダーレス, ことのは つづり, 縁の下の力持ち, 祈り, 季節, 行事, 想い, インターナショナル, 聖地, 神仏, 修行, 大峰山, ことば

奥駈修行 満行 -想いに「こたえていく」こと-

奥駈修行 満行
“Leave footprints of love and kindness wherever you go”
-自分が訪れた場所が、自分と出会ってくれた人達の今日という日が、愛と優しさに満ちていますように。本日、無事 奥駈修行を満行させて頂きました。
参加された修行者の皆様、満行おめでとうございます。
さまざまな形で共に同行下さった皆様、心より感謝申し上げます。


多くの聖なる道が存在する中で「この道を歩みたい!」と心が動かされる道。
なぜ人は、役行者の足跡を辿り、山に入るのか。
自然を仰ぎ、目に見えながらも「観えない」自然に手を合わせるのか。
その道が、全ての生命と世界へ向ける、思いやりに溢れているからではないでしょうか。
最初は「想い」があった。
そして、想いによって、歩むことで、道は開かれた。
役行者の、始まりの原点の想いを思った時、その道を今歩ませて頂いてる私たちは、どうあるべきかを問われているかのようです。

-想いに「こたえていく」こと-

自分の想いが、周りの環境をつくります。

真っ直ぐで良い気持ちを、人に与えていけるよう、益々 日々精進怠らず 前進していきたい!
良い想いが、周りを社会を世界を変えていける力となります。
その良い想いが1人でも多い方が、光は大きくなる。
自分たちが歩んだ後の道も、役行者の道筋のように、花々が清らかに咲きほこり、周りを明るく心地よく照らすものでありますように。
Anju

*写真は、毎年プロのカメラマンの方が撮って下さっている、今までの奥駈の様子です。運心(うんじん;心で歩む)をこういった形でも可能にして下さり、ありがとうございます。
お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*