GAGA | ブログ@櫻本坊

やまと ことのは つづり

大講堂秘話 -聖観世音菩薩 物語-

大講堂秘話 -聖観世音菩薩 物語-

あまりにも側に「当たり前」にいすぎて、その存在の有難さと温かさを忘れてしまっていることってありませんか?

現在はこちら、寺内で朝日が真っ先に射る大講堂に鎮まります、聖観世音菩薩さま
数年前までは、静かに 静かに…櫻本坊の歴史と関わる人たちを見守りながら、陰でお祀りされていました。

どの時代もたくましく生き、時に命懸けの行もする多くの修行者を支え続けた、表に出ない歴代の女性たちの側に寄り添ってこられました。

振り返ると、こちらの聖観世音菩薩さまは、いつも縁の下の力持ちの方たちの静かな祈りを聞き、思いやり溢れる想いを受け止め、同時に、何気ない日常の「当たり前」の幸せと笑顔を、いつも側で観て下さっていたように想います。

「当たり前」の威力-

何気なく目の前にある日常の風景。

1番愛することが難しい「自分」を、自分以上に愛し想ってくれる存在がいることは、奇跡としか言いようがありません。

誰かが想ってくれているからこそ、思いやりの心を向けてくれる人たちがいるからこその「当たり前」が存在する。

その「当たり前」によって、喜びは倍になり悲しみは半分にすることができる。

太陽の光が等しく私たちに降り注ぐ、その「当たり前」を受け取る側の心の在り方-

大講堂という空間は、今まで以上にハートウォーミングで、集まる人たちの笑顔が、更に溢れています

その笑顔を、今は陽の当たる場所で静かに見守り、特に女性を加護し、ニコッとお顔がいつも笑っている聖観音さま

ご参拝に来られる皆様の笑顔を、聖観音さまもお待ちです 笑顔の連鎖に感謝

Anju

<<なら観音華絵巻 神仏習合法要>>
9月28日(土) 14:00 於 櫻本坊 大講堂

岡寺・橘寺・談山神社・聖林寺・櫻本坊・如意輪寺(順不同)の六社寺を巡る巡礼。季節ごとの花々を愛で、観音さまにお参り。宗教・宗派を超え、訪れる方に癒しの奈良旅をして頂くために2017年3月から発足。毎年、観音さまの御前で法要が斎行されています。今年は櫻本坊の聖観世音菩薩さまのご宝前にて厳修させて頂きます。
https://m.facebook.com/nara.hanaemaki/

なくてはならぬ存在 -吉野聖天大祭ご案内-

吉野聖天大祭ご案内 -なくてはならぬ存在-

「聖天さん」と聞くと、多くの方が「怖い」「恐ろしい」と言われます。

どの神仏も等しく 言葉にするのも恐れ多いほど尊いと想う気持ちに変わりはない中で、側でご奉仕お護りさせて頂いてる我々も、決して中途半端な気持ちで詣ってはいけないと感じることが多いのが、聖天堂。

お厨子の中には、ご本地仏である 秘仏 十一面観世音菩薩さま、そしてその御腹の前に、更に宝珠型の小さなお厨子があり、その中に聖天さまは完全秘仏として鎮まっておられます。

荒ぶる神と恐れられた聖天さまを、その慈悲の心で鎮められた、十一面観音さま。

心から真に願えばどんな願いも叶う、と言われる聖天さまの究極のお力を最大限に引き出し、時に抑えるのが、十一面観音さま。

そのお力の強さは、言うまでもありません。
一如(いちにょ)-
二柱 共にあられるからこそ、意味があります。

年に一度、真夜中 零時から、完全に閉ざされた聖天堂内で、住職が聖天さまに浴油をさせて頂きます。皆様の祈願の成就のために、お力を最大にお出しして頂けるように、油で清め 良い言霊がたくさん入った祈りを捧げ続けます。

そして太陽の光が差し込む午後に、開かれた御扉の向こう…十一面観音さまの御前で、住職は最大の敬意を示す装束に身を包み、感謝と祈りを捧げます。

みな一団となって、神仏がお喜び下さることを慎しみ怠ることなく「させて頂く」。それが「お祭り」-

真心でしか、神仏に祈りは届きません。
その真心、心の向け方 心の向けどころを、吉野聖天大祭では、特にお伝えさせて頂いております。

Anju

<<10月1日(火) 吉野聖天大祭>>
13:00 聖天尊ご本地仏 祭礼 於 聖天堂
14:00 大護摩供法要 於 境内護摩道場

10月1日 1年に1日(9:00〜16:00) のみ、聖天尊ご本地仏 秘仏 十一面観世音菩薩の御扉をご開帳させて頂きます。

尚、10月1日 午前零時より聖天堂内陣にて、住職により聖天尊 浴油秘宝供を厳修致します。

*秘宝供は非常に、非常に荘厳な儀式のため、法要中は聖天堂の一切の出入りを禁止致します。
*ご参拝の方は堂前にてご同行頂けます。その場合は午前零時〜1:00の間にご参拝下さい。真夜中の祭礼ですので、暖かくしてお越し下さい。

自然の女性性 -女性のための奥駈修行-

自然の女性性 -神を父に 仏を母にいただきて-
本日、那智大社 青岸渡寺〜熊野本宮大社(大雲取越・小雲取越)を祈り歩く、女性のための奥駈修行…御縁深き熊野の神仏に温かく迎えて頂き、全員無事に満行することができました
(那智大社 青岸渡寺)

また、参列者1人1人が、お互いに氣を配り合い、心を寄せ、声を掛け合い、学びと優しさに満ちた時間となりました サポート隊に出仕してくださった皆様にも深く感謝申し上げます。
(熊野古道 大雲取越 小雲取越 小口)

Motherland Mother-tongue…母なる大地 母なる海… 故郷を表す言葉に含まれる「母」という言葉-

山伏の正装には「螺緒(かいのお)」と呼ばれる「臍の緒」を意味するものが腰回りにつけられ、「胎内くぐり」と呼ばれる「生まれかわる」「純真な赤子の心に戻る」行があります。

再生-
人は、生きている間に、生まれかわることができる。
ただそこで黙って存在する「あるがまま」の自然の姿が教えてくれる、心の在り方があります。

参道と産道、お宮と子宮、透明で神聖な場所には、生命を生み出す「むすひ」「宇宙」が存在する

男性が自然に「ゆだねる」ことができる一方で、女性は自然と「共感」できることが多いのではないでしょうか。

女性が意識を持って自然に身を置くことで、自然が持つ母性に共感し、自分の母性を意識する。その気づきから、もっと人にやさしくなれたり、人としての器が大きくなったり、本来の姿に戻る近道でもあると思います。

外に愛 答えを求めずとも、内側に既にある大いなるものに、気づく。自分が光そのものであることに、気づく…そして、その光・心構えを、生活 人生の中で、磨いていく

人間の本来あるべき姿とは?
それを求めていくこと、自然に問いかけ、そこから何を感じキャッチし 見出していけるのか。
人間らしく「人」として生きていくことも、修行のひとつだと感じる3日間でした

Anju

ps 吉野〜熊野古来からの神仏習合の祈りが満ちる場所全てを受け入れ、多様性を重んじる場所
(1日目 参列者とともに 櫻本坊での道中安全祈願 護摩
年齢も 性別も 職業も 国籍も 巡礼に向ける想いも違う中、お互いへの敬意を大切に
朝一での 那智大社の神様へのご挨拶〜青岸渡寺朝のお勤め後の朝光
(熊野本宮大社 再拝二拍手一拝 そして般若心経  最終日 神恩感謝の祈り雲の清さ-神を父に仏を母にいただきて-)
(最終日 櫻本坊 本堂前にて、無事帰ってきました!のご報告 全てのご縁と皆様の心に感謝✨)

多様性を重んじる -Yin and Yang-

多様性を重んじる -Yin and Yang-

聖天堂にお供えされる巾着(油で揚げたお菓子)と大根。堂幕にも巾着と大根。
むすびの神で知られる聖天尊、これらは陰陽(女性と男性)を表したシンボルとなっています。

自然と共に生きる中で、人間の身体・心・エネルギー…万物は、陰陽の法則、自然の引力・重力などと密接に繋がっています。

人間の身体に含まれる水分と塩分、私たち1人1人は、体内にエメラルド色の、絶えず引いては満ちる「海」を持っています。

様々な陰陽の考え方がありますが、例えば 一概に女性は月(陰性)で男性は太陽(陽性)、と言い切ってしまわずに、日本では天照大御神という女神、そして月読命という男神を持ちます。
*性別に関しては諸説はあります

すべての陽の中にも陰があり、すべての陰の中には陽もある。

物事 植物 食物 出来事 人間 ストーリー…すべてには多様性があり、側面だけでは決してジャッジできない事が、世界には溢れています。

それぞれの足りぬところを補い、溢れるところを引き…全ては「円」という調和を保ちながら、イノチは出合い(出逢い)解れ(別れ)、「円」即ち「縁」で結ばれている

まさに、曼荼羅–

様々な形 関係性 距離感で繋がる、全てのご縁が持つ意味に感謝し、皆様の人生がより実乗りある豊かなものとなりますように… と 聖天堂では日々お祈りさせて頂いております

Anju

<<10月1日(火) 吉野聖天大祭>>

13:00 聖天尊ご本地仏 祭礼 於 聖天堂
14:00 大護摩供法要 於 境内護摩道場

10月1日 1年に1日(9:00〜16:00) のみ、聖天尊ご本地仏 秘仏 十一面観世音菩薩の御扉をご開帳させて頂きます。

尚、10月1日 午前零時より聖天堂内陣にて、住職により聖天尊 浴油秘宝供を厳修致します。

*秘宝供は非常に、非常に荘厳な儀式のため、法要中は聖天堂の一切の出入りを禁止致します。

*ご参拝の方は堂前にてご同行頂けます。
その場合は午前零時〜1:00の間にご参拝下さい。
真夜中の祭礼ですので、暖かくしてお越し下さい。

秋のコラボ合宿のご案内

秋のコラボ合宿のご案内

きたる9月20日〜22日、やまと薬膳メディスナルステイ&桜本坊ヒーリングステイ 「月清く」が開催されます

https://yamatoyakuzen.com/…/30/長月の特別企画月清く%E3%80%809月20日~22日/

毎年 5月と9月の 爽やかで清らかさが増す季節にコラボさせて頂く、心と身体を清め整える合宿

身体は、私たちが生きている間、使わせて頂く「魂の乗りもの」です。自然の一部である肉体を、自然から一時的に「借りて」います。

その身体を大切に労わり、感謝する気持ちが、自分と他者の生命を想い、自然を想う気持ちに繋がっていくのは、言うまでもありません。

食事は「心」です。料理は「心」です。
すべては「心」あってこそ

こちらの合宿では「心」の学びを深めるお手伝いを、櫻本坊ではお伝えさせて頂いております

*主催は「やまと薬膳」さまです。
お問合わせ・お申込みは「やまと薬膳」さままでお願い致します

Anju