GAGA | ブログ@櫻本坊

やまと ことのは つづり

しめい -節分-

「しめい (使命・氏名)」

今日は節分 (追難式 ついなしき)
明日は二十四節気における一年の始まりであり、立春大吉

本日は本堂にて、節分祭の護摩が焚かれます。

櫻本坊のご本尊 役行者は、19歳のチカラ強いハツラツとした青年のお姿をされています。

同じく本堂 右手に鎮座される老相の役行者は、60代のお姿で、修行を積み重ねられた人生の後半だからこそ灯る、温かい眼差しを向けて下さっています。

そして宝聚堂に安置される役行者は42歳、修行・経験の積み重ねを社会奉仕への活力に満ちたお姿をされています。

年齢でお気づきの方も既にいらっしゃるかと思います

こちら櫻本坊に鎮座されます役行者はみな、厄除け つまり「祓う」お力が大変強い御霊であられます。

それぞれの神仏には、それぞれに名前ががあり、私たち人間と同じで「使命」「役割」があります。

イザナギとイザナミも、高天原から地上に降りて来られるさい、「伊邪那岐神・伊邪那美神」から「伊邪那岐命・伊邪那美命」へと名前が変わりました。
これは日本という国を産むという「使命」を与えられたからです。氏名には「命」が入りました。

節分のお札に、祈祷申込者の皆様のお名前を書かせて頂く時、それぞれのお名前に込められた意味と、それぞれの命の重みが感じられます。

自分の「氏名」に込められた意味。
そして与えられた「使命」を大切に…

まさに節目である今日、災難 厄を祓い、明日という始まりの日を気持ちよく迎えれる準備を致しましょう

Anju

なら観音華絵巻 ご朱印めぐり「巡礼絵巻」ご案内

読売新聞 掲載!
なら観音華絵巻 ご朱印めぐり「巡礼絵巻」ご案内−

櫻本坊も入らせて頂いております「なら観音華絵巻」霊場会から、今月18日より専用ご朱印台紙が完成致しました
専用台紙に、それぞれの心願を書き、願いを込めて、各社寺(6箇所)を巡拝して頂き、観音様のお姿のご朱印を頂きます。
満願されましたら、散華が授与されます。

*専用台紙は各社寺で購入可能(1部 ¥300)
*各社寺の観音様のご朱印 (¥100)
*散華のデザインは毎年変わります。今年は櫻本坊 聖観音様のデザインとなっております
*本年度の法要は、9月28日(土) 銀木犀開花見頃に合わせ、櫻本坊 聖観音様の御宝前(大講堂)で斎行予定です

観音様とご縁を結び、皆様の想いが届きますよう「なら観音華絵巻」社寺一同、心よりお祈り致します

Anju

今が一番幸せといえる毎日を

差し昇る初日の光と共に

今年の新年も清々しい気持ちで、修正会 新春護摩供、そして歳旦祭を斎行させて頂きました。

皆さま それぞれの決意や覚悟を 抱き誓われていることかと思います。

私たち櫻本坊が、常に心に置いている、変わらぬ抱負「他者満足」。
決して自分を犠牲にして他者に尽くす、という意味ではありません。

自分を含む、社会全体が幸せになる形でなくては、他者満足とは言えません。
1人1人が、自身が、笑顔で満たされていないと、人を幸せにはできません。

この「他者満足」をイメージして頂きやすいように、こういった例でいつもお伝えさせて頂くのですが…

誰もが、温泉入ったら、気持ちいいな〜と感じます。
ズバリ、自身が源泉掛け流し温泉になって下さい。
源泉は、常にあたたかで豊かなお湯で溢れています。
自身の心地良さはもちろん、周りにいる人達も、その温泉に 癒しや勇気をもらい笑顔になります。

自分を満たして幸せにしていく。
その幸せが、他者を 地域を 社会を幸せにしていく力となります。
1人1人の命があってこそ、全ては曼荼羅の如く調和が保たれる。

「今が一番幸せ」と、毎日言えるような生き方 捉え方を見出し実践していける日々となりますよう お祈りいたします

Anju

言葉は言霊

「言葉は言霊」

毎年大晦日になると、1年とは何と早く過ぎていくものか…!と驚きます。
時間は無限性を保ちながら、しかし有限である、という真実を噛みしめる日でもあります。

今年も爽やかな進化の中を、信念を持ち突き進んでこれました。
日々、皆様にお支え頂き、櫻本坊は「祈りの道」の継承を繋げさせて頂いております。
心から感謝申し上げます。

祈りの中を毎日生きている私たち人間。
意識していないだけで、私たちは毎日祈っています。祈らない日はありません。
毎日何かを祈りながら 願いながら 想いながら、生きています。

言葉は言霊、です。
発する言葉全てに、相手へ向ける祈りと想いと愛が込められている。命がこめられている。

おはよう おやすみ ごめんなさい ありがとう お久しぶりです また今度ね お会いできて良かった!

なんの特別でない当たり前の挨拶や感情。当たり前でない 当たり前の日常を、言霊で満たしていくことの愛おしさ。

今日という日は、2度と戻って来ません。
今隣で笑顔でいてくれている人の命が、明日もあるとは約束されていません。

だからこそ、今 今日 この瞬間と向き合い、その気持ちを大切にし、伝えることを恐れずに、今を生きることの大切さ。

言霊の「浸透」する力を信じ、今できる100%でご奉仕を続けさせて頂く所存です。

明日 来年という未来が、皆様にとっても豊かな時間に満ち、深みと厚みが増す日々でありますようお祈り申し上げます。

Anju

今を生きる -甲南大学 講義-

「今を生きる」

今年から、甲南大学で非常勤講師として「死生学」の講義 「日本の死生観」のパートを、担当させて頂けるご縁を頂きました。

様々な分野の教授 研究者 学者 博士 聖職者の方々が、それぞれの観点から捉える「死生観」。

20歳になるかならないかの「現代を生きる」学生さん達にお伝えしたい、日本の神仏習合の信仰や宗教観 精神性を盛り込みながら、「生きること」「死ぬこと」「命の捉え方」についてお話しする90分。

さて、住職は、ミッションスクール(キリスト系)の学校で学生時代を過ごしました。教本や経典を読む前に、聖書に触れ、賛美歌を歌い、師は神父であった住職。

日本の神仏習合のみならず、キリスト教を含む多様性のある世界観を大切にしています。

1つの宗教 宗派に縛られない 囚われない こだわらない。
「祈り」は「宗教」という枠にだけ当てはまるものではないと考えいます。

祈りと命は「一如」…

極めて現実的で「実践的」である修験道の世界観から、「死」をメインにお伝えするのではなく、「生」を前向きに見つめ直して頂き、「明日からではなく、今から出来ること」を考えるきっかけになれば幸いです

講義は来週も続きます

Anju