GAGA | ブログ@櫻本坊

やまと ことのは つづり

『お寺で癒(い)よう 〜五感を澄ます体験〜』-写経写仏-

『お寺で癒(い)よう 〜五感を澄ます体験〜』

今夏6月〜9月、「お寺で癒(い)よう〜五感を澄ます体験〜」と称しまして、心の浄化を促し、心の免疫力を上げるための体感の取り組みと、空間を開放します。

まずは、写経写仏のご案内

今夏(6月~9月)は、随時受付とし、事前予約は不要です。
お好きな日のお好きな時間帯(但し最終受付は14時)にお越し下さい。

「書」や「画」に込められる「祈り」を、筆が「舟」として神仏のもとへ運びます。
墨をするところから既に瞑想は始まり、一文字一文字 一点一線に心を込めて集中します。
「字」や「線」には、その方の人柄や思考が、偽りなく表れます。
自身の心を一切誤魔化すことができない、意識的に集中する時間。心の視野がクリアになり、見えてくる光があります

志納金: 2500円 (拝観料含)
所要時間: 約90分

*奉納された写経写仏は、月次祭(お護摩の日〜イヒカの火〜」の折に本堂にて永代祈願・供養いたします
*お子様も大歓迎です (小学生以下は拝観料無料)
*マイカーでお越しの方は、当山駐車場をご利用ください
Anju


ウィルス感染予防対策として、以下の取り組みを徹底しております
・拝観出入り口においての手指消毒
・マスク着用推奨
・堂内 寺内 写経写仏室の換気強化
・着座場所の間隔確保
・定期的な手すり ペン スリッパ等の除菌作業
・定期的なお手洗いの消毒掃除
・当山奉職者の毎日の検温義務付け 体調管理
・志納金授受時のトレイの使用推奨
・備品は最善の注意をはらって管理しています

参拝受付ご案内

拝観・朱印・各種ご祈祷 お供養は、ウイルス感染予防対策をとりながら、通常通り受付しております。

参拝受付 8:30〜16:00

ご祈祷 お供養お申し込みについて↓
https://sakuramotobou.or.jp/about/prayer.html


ウイルス感染予防対策として、以下の取り組みを徹底しております
・拝観出入り口においての手指消毒
・マスク着用推奨
・堂内 寺内 写経写仏室の換気強化
・着座場所の間隔確保
・定期的な手すり ペン スリッパ等の除菌作業
・定期的なお手洗いの消毒掃除
・当山奉職者の毎日の検温義務付け 体調管理
・志納金授受時のトレイの使用推奨
・備品は最善の注意をはらって管理しています

『お寺で癒(い)よう 〜五感を澄ます体験〜』

『お寺で癒(い)よう 〜五感を澄ます体験〜』

多くがリモートワーク・オンライン化・距離化される中であっても、土を踏み風を感じその環境に身を置いて、心で味わい結び行くことを忘れてはなりません。

祈り・想い・感情・感覚・体感・空気感…五感に正直でいる心は、人間から失われてはいけない財産であると切実に思うことです。

吉野山という「再生」の聖地で、天武天皇の御代より継がれてきた櫻本坊の祈りが、一人でも多くの方の心に寄り添い、癒し、五感を澄ますお手伝いができれば…そう願い、今夏 6月〜9月は「お寺で癒(い)よう~五感を澄ます体験~」を設けています。

自然の中に身を置いて大きく深呼吸したり、神仏の御前で心鎮かに座る時間を持つだけでも、心身の視界は開けます。
いま、ここにある、生命の光を観じることに繋がります。

皆様の「心の免疫力」を上げるために、微力ではありますが、いま櫻本坊が出来る形で、何かしらお役に立てればと願っています。

体験内容詳細に関しまして、現在HP内で最終調整中です

Anju

めぐみ

めぐみ

次世代「天武天皇 夢見の桜」に、今年初めて実がつきました
3年前から咲き始めた、当山の縁起でもある「天武天皇 夢見の桜」の次世代ベイビー桜。

歴代の住職、そして携わってきた方々の手によって、夢見の桜の子孫は継がれています。

こうやって実がつくまでの、13年の月日を振り返ると、何事にも時期があり、焦ったり周りと比較しなくとも、地道に努力を積み重ねた結果は、ベストなタイミングに必ず実を結ぶことを実感します。

根っこを深いものにするには、年月が必要です。

これは草抜きの作務をしていると、よく分かります。

大きくて背の高い目立つ植物であっても、根っこが浅く短く、すぐに抜けてしまうものがある。

小さくて目立たない花の中には、根っこが深くて、どんな環境をも味方にし、長い間瑞々しく繁っているものがある。

土の中で蓄えた力は、嘘をつきません。
そして、その根っこの力は、表で目に見える形や大きさだけが全てではないことも、明らかです。

自分はどんな植物のようでありたいか、つまり何を恵みとし、どんな生き方をし、どんな未来と世界を生きていきたいか…自然は常に私たちに問いかけています。

未来への希望を見せてもらえたようで、厳しい試練の中であっても、絶対に光は見出していける…そんな確たる自信を与えられました

Anju