GAGA | ブログ@櫻本坊

やまと ことのは つづり

天武天皇例大祭ご案内

天武天皇例大祭ご案内

本年は、壬申の乱 1350年記念、そして来年は、天武天皇ご即位 1350年記念…櫻本坊にとっても、創建 1350年という非常に重要な節目の年となります。

毎年11月に斎行させて頂きます、天武天皇例大祭 ならびに 天武天皇ご神像特別ご開帳が、今年も近づいて参りました。

あたたかな秋晴れのもと、皆様の道開きが輝きを増す、祝福の時間となりますよう、ご来山 ご帰山を心よりお待ち申し上げます。
……
○11月13日(日) 午後1時 天武天皇例大祭 於 本堂

神仏習合の寺院で執り行われております、厳粛な神事です。どなたでもご参列頂けますが、玉串拝礼がございますので、神前拝礼に不敬にならない服装でお越しください。

本年は、壬申の乱1350年記念と致しまして、山村若女氏(山村流 上方舞 舞踊家)による『地歌舞 神楽初』の奉納がございます。(午後1時より)

○11月12日(土) 〜 20日(日) 天武天皇ご神像 特別ご開帳 於 本堂

内拝受付時間: 8:30〜16:00
内拝料: 800円

1年でこの期間のみ、天武天皇ご神像のご開扉を致しております。

また、通常非公開の宝聚堂(宝物殿)も開扉しております。天武天皇御神霊お位牌・重文地蔵菩薩坐像・曼荼羅石・聖徳太子二才像などの寺宝が同時にご参拝いただけます。

詳細:
https://sakuramotobou.or.jp/event/2022/20221113.html

心に松明を 想いに燃料を 言動に火を
祈ること、生きることは、情熱ー

Photo by Banri
秋宙ー
日向ぼっこが、とても心地よい季節です

今までの事が導いてくれる

今までの事が導いてくれる

吉野山の氏神様である金峯神社の神様を守り、神輿の「運行/巡航」安全を護られる金毘羅大権現。

毎年10月10日19時より、当山境内 天武天皇 夢見の桜の側に御坐す、金毘羅大権現社の祭礼が、地域の皆さまと共に斎行されます。
満月という有難い日に、滞りなく今年も祭礼をさせて頂けました。

私たち人間も、1人1人が舟です。
頭上の星の存在だけでは、曇り空や嵐の渦中は、進むべき道に迷ってしまうかもしれない。
いつだって、道を見出し突き進んでいく判断と決断を下せるのは、最後は自分自身。経験と、信念。

見えると安心し、道しるべとなる灯台ー
自分の現在位置と、進む方向を教えてくれる灯台は、私たち1人1人の心にも存在しています。

”The things you have learned will guide you“ ーI am Moana

「遥か旅をして苦しんだから
どこにいるのかが分かるの
今までの事が導いてくれる」
(私はモアナ より)

すべては「想定内」と思える信念の強さと、常に前を向く力を与えてくれる、過去の自分と経験に、感謝を✨

……………
当寺院駐車場から徳潤門に入ってすぐの参道にも、立派な銀木犀があります。
雨の日ほど、湿度で香りに甘みと重みが増します。

あなたにとって、祈りとは

祈りとはー

祈りは、苦しみをなくすものではない。

祈りは、過去をなかったことにしたり、嫌な記憶や苦手な人間関係を、都合よく消しゴムのように消したりする力はない。

祈りは、骨折した骨をくっつけたり、怪我の出血を止めたり、死人を蘇らせる技術は持っていない。

でも、祈りは、それら痛みや苦しみと向き合う勇気を与え、心の支えとなり、生きる力を与えてくれる。

今日、どのように生きるか、選択する勇気を与えてくれる。
今日、どう人として人と接するか、選択する勇気を与えてくれる。

何を言っても言わなくても、何をやってもやらなくても、必ず何かしら人から言われるのが社会で、後悔ないように生きていても、必ず何かしら後悔が残るのが人生ならばー

どうせするなら、どの後悔を選ぶのか、どの後悔と共に生きていくのかー

祈りは、苦しみと向き合う勇気を与えてくれるもの。常に、選択肢を与えてくれるもの。

あなたにとって、祈りとは?

革命の星は頭上に

のぼり旗のお申込みを、既に沢山頂いております✨
ありがとうございます✨

来月11月 天武天皇ご神像特別ご開帳に合わせ、参道・境内に掲揚を開始致します✨

当寺院授与所でも、直接お申込みして頂けます。
お気軽にお声かけください。

………
奉祝 天武天皇ご即位 一三五〇年 のぼり旗奉納のご案内

令和五年は、大海人皇子が天武天皇として即位されて一三五〇年記念の年です。

よって、天武天皇即位(壬申の乱の勝利)へと導いた「吉兆の夢」を縁起とし、即位後に天皇の勅命で建立された櫻本坊は、創建一三五〇年にあたります。

勝福・災難除け・道開きの大神、天武天皇をお祀りする櫻本坊では、奉納用の幟旗をご用意致しました。

幟旗には、ご祈念とご芳名をお入れして参道・境内に掲揚します。

オンラインからのお申し込みは、当寺院HPより詳細をご確認ください。

想像力と客観性

今月のイヒカ塾  「魔」の意 〜光と闇の両方を知る〜をご受講下さった皆さま、ありがとうございました。
知識と知恵の違い、慈悲とは?を、参加者全員でシェアリングをしながら、読み解いていく会となりました。

来月は、11月5日(土) 開講、テーマは「修験」の意 ~修験道のいろは~ です

イヒカ塾ご案内↓
https://sakuramotobou.or.jp/event/2022/2022ihika.html

*ご奉仕体験は、今月は大護摩供法要に使用される、結界用の垂幣(すいへい)作りの作務をお手伝い頂きました
作務内容は、月によって違います
お寺のお清め・作務体験を通して、恩返しではなく、恩送りの感謝の気持ちを、再確認できるきっかけになりますように。

……
このような方にお勧めです

・心の学びを深めたい方
・自分軸を固め生き方を見つめなおしたい方
・道徳・倫理観・死生観を深めたい方
・悩みや決断と向き合っていて、後押しが必要な方
・万葉時代の歴史がお好きな方
・社寺の参拝が好きで、神仏とのご縁をより一層深めたい方
・修験道に興味がある方
・修験道の精神性を勉強したい方
・行者・先達として既に励み、あらためて修験道の精神性を深めたい方
・これから行者を目指したい方 など

性別・国籍・年齢・経歴等関係なく、受講していただけます。
お子様・学生様も大歓迎です。学校以外の場所で、心の教育を求められる方・自分で考える力を育てたい方にお勧めです。